PHPKonf 2020 Online

mqseries_back

(PECL mqseries >= 0.10.0)

mqseries_backMQSeries MQBACK

説明

mqseries_back ( resource $hconn , resource &$compCode , resource &$reason ) : void

mqseries_back() (MQBACK) は、キューマネージャに対して、 直近の同期ポイント以降に get あるいは put されたすべてのメッセージを戻すことを指示します。 作業ユニットの一部として put されたメッセージは削除されます。 作業ユニットの一部として取得したメッセージはキューに戻されます。

mqseries_back() は、 mqseries_begin() と組み合わせた場合にのみ動作します。 また、mqclient インターフェイスを介さずに 直接キューマネージャに接続した場合にのみ動作します。

パラメータ

hConn

接続ハンドル。

このハンドルは、キューマネージャへの接続を表します。

compCode

完了コード。

reason

compCode の原因を表すコード。

返り値

値を返しません。

例1 mqseries_back() の例

<?php
    mqseries_back
($conn$comp_code$reason);

    if (
$comp_code !== MQSERIES_MQCC_OK) {
        
printf("CompCode:%d Reason:%d Text:%s<br>\n"$comp_code$reasonmqseries_strerror($reason));
    }
?>

注意

注意:

mqseries_back() は、MQSeries Client を使用して Queueu Manager に接続した場合には動作しません。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top