PHP 8.1.0 Beta 1 available for testing

scoutapm_get_calls

(PECL scoutapm >= 1.0.0)

scoutapm_get_calls収集する処理が呼ばれた情報の一覧を返す

説明

scoutapm_get_calls(): array

scoutapm_get_calls() が最後に呼び出された後から行われた、 収集対象の関数が呼ばれた全ての情報のリストを返します。 この関数が呼ばれるごとに、リストはクリアされます。

パラメータ

この関数にはパラメータはありません。

返り値

scoutapm_get_calls() は、 収集対象の関数に対する、全ての記録された呼び出しのリストを配列として返します。

例1 収集された呼び出しを取得する

<?php

file_get_contents
('a.txt');
file_get_contents('b.txt');

print_r(scoutapm_get_calls());
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Array
(
    [0] => Array
        (
            [function] => file_get_contents
            [entered] => 1576839727.7934
            [exited] => 1576839727.7935
            [time_taken] => 2.7894973754883E-5
            [argv] => Array
                (
                    [0] => a.txt
                )

        )

    [1] => Array
        (
            [function] => file_get_contents
            [entered] => 1576839727.7935
            [exited] => 1576839727.7935
            [time_taken] => 7.8678131103516E-6
            [argv] => Array
                (
                    [0] => b.txt
                )

        )

)

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top