LaravelConf Taiwan 2020 CFP Started

定義済み定数

以下の定数が定義されています。 この関数の拡張モジュールが PHP 組み込みでコンパイルされているか、 実行時に動的にロードされている場合のみ使用可能です。

次の定数は、json_last_error() が返したり、 JsonExceptioncode に格納されている エラーの型を表します。

JSON_ERROR_NONE (integer)
エラーが発生しませんでした。 この定数は PHP 5.3.0 以降で使用可能です。
JSON_ERROR_DEPTH (integer)
スタックの深さが最大に達しました。 この定数は PHP 5.3.0 以降で使用可能です。
JSON_ERROR_STATE_MISMATCH (integer)
アンダーフローあるいはモードの不一致が発生しました。 この定数は PHP 5.3.0 以降で使用可能です。
JSON_ERROR_CTRL_CHAR (integer)
制御文字エラー。おそらくエンコードが間違っています。 この定数は PHP 5.3.0 以降で使用可能です。
JSON_ERROR_SYNTAX (integer)
構文エラー。 この定数は PHP 5.3.0 以降で使用可能です。
JSON_ERROR_UTF8 (integer)
正しくエンコードされていないなど、不正な形式の UTF-8 文字。 この定数は PHP 5.3.3 以降で使用可能です。
JSON_ERROR_RECURSION (integer)

json_encode() に渡した配列やオブジェクトに再帰参照が含まれており、エンコードできません。 JSON_PARTIAL_OUTPUT_ON_ERROR オプションを指定した場合は、 再帰参照の部分を NULL にエンコードします。 この定数は PHP 5.5.0 以降で使用可能です。

JSON_ERROR_INF_OR_NAN (integer)
json_encode() に渡した値の中に NAN あるいは INF が含まれています。 JSON_PARTIAL_OUTPUT_ON_ERROR オプションを指定した場合は、 これらの特殊な数値を 0 にエンコードします。 この定数は PHP 5.5.0 以降で使用可能です。
JSON_ERROR_UNSUPPORTED_TYPE (integer)
json_encode() が対応していない型、たとえば リソース などが渡されました。 JSON_PARTIAL_OUTPUT_ON_ERROR オプションを指定した場合は、 これらを NULL にエンコードします。 この定数は PHP 5.5.0 以降で使用可能です。
JSON_ERROR_INVALID_PROPERTY_NAME (integer)
JSON オブジェクトを PHP オブジェクトにデコードする際、 json_decode() に渡された文字列に、 \u0000 から始まるキーが含まれていました。 この定数は PHP 7.0.0 以降で使用可能です。
JSON_ERROR_UTF16 (integer)
json_decode() に渡された JSON 文字列の中に、 単一の、ペアになっていない UTF-16 のサロゲートコードポイントが含まれていました。 この定数は PHP 7.0.0 以降で使用可能です。

次の定数は、 json_decode() のオプションとして 組み合わせて使用します。

JSON_BIGINT_AS_STRING (integer)
巨大な整数値を文字列としてデコードします。 この定数は PHP 5.4.0 以降で使用可能です。
JSON_OBJECT_AS_ARRAY (integer)
JSON オブジェクトを PHP の配列としてデコードします。 このオプションは json_decode() の第二引数を TRUE に設定して呼び出すことで、自動的に設定できます。 この定数は PHP 5.4.0 以降で使用可能です。

次の定数は、 json_encode() のオプションとして組み合わせて使用します。

JSON_HEX_TAG (integer)
すべての < および > をそれぞれ \u003C および \u003E に変換します。 この定数は PHP 5.3.0 以降で使用可能です。
JSON_HEX_AMP (integer)
すべての & を \u0026 に変換します。 この定数は PHP 5.3.0 以降で使用可能です。
JSON_HEX_APOS (integer)
すべての ' を \u0027 に変換します。 この定数は PHP 5.3.0 以降で使用可能です。
JSON_HEX_QUOT (integer) この定数は PHP 5.3.0 以降で使用可能です。
すべての " を \u0022 に変換します。 この定数は PHP 5.3.0 以降で使用可能です。
JSON_FORCE_OBJECT (integer)
非連想配列を使用した場合に、配列ではなくオブジェクトを出力します。 出力を受け取る側がオブジェクトを期待しており、配列が空っぽである場合などに特に便利です。 この定数は PHP 5.3.0 以降で使用可能です。
JSON_NUMERIC_CHECK (integer)
数値形式の文字列を数値としてエンコードします。 PHP 5.3.3 以降で使用可能です。
JSON_PRETTY_PRINT (integer)
返される結果の書式を、スペースを使って整えます。 PHP 5.4.0 以降で使用可能です。
JSON_UNESCAPED_SLASHES (integer)
/ をエスケープしません。 PHP 5.4.0 以降で使用可能です。
JSON_UNESCAPED_UNICODE (integer)
マルチバイト Unicode 文字をそのままの形式で扱います (デフォルトでは \uXXXX にエスケープします)。 PHP 5.4.0 以降で使用可能です。
JSON_PARTIAL_OUTPUT_ON_ERROR (integer)
エンコード不可能な値は代替値に置き換え、処理を続行します。 PHP 5.5.0 以降で使用可能です。
JSON_PRESERVE_ZERO_FRACTION (integer)
float 型の値を常に float 値としてエンコードするようにします。 PHP 5.6.6 以降で使用可能です。
JSON_UNESCAPED_LINE_TERMINATORS (integer)
JSON_UNESCAPED_UNICODE が指定されると、 行の終端をエスケープされないままにします。 PHP 7.1 より前のバージョンでは、 この定数がなくてもそういう振る舞いをしていました。 PHP 7.1.0 以降で使用可能です。

次の定数は、 json_decode() および json_encode() のオプションとして組み合わせて使用します。

JSON_INVALID_UTF8_IGNORE (integer)
不正な UTF-8 の文字を無視します。 PHP 7.2.0 以降で使用可能です。
JSON_INVALID_UTF8_SUBSTITUTE (integer)
不正な UTF-8 の文字を、\0xfffd に変換します。 (Unicode の 'REPLACEMENT CHARACTER') PHP 7.2.0 以降で使用可能です。
JSON_THROW_ON_ERROR (integer)
エラーが起きた場合、 json_last_error()json_last_error_msg() 関数で収集される、 グローバルなエラー状態を設定するかわりに、 JsonException をスローします。 JSON_PARTIAL_OUTPUT_ON_ERRORJSON_THROW_ON_ERROR よりも優先します。 PHP 7.3.0 以降で使用可能です。
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top