PHP 7.4.3 released

BaseResult::getWarningsCount

(No version information available, might only be in Git)

BaseResult::getWarningsCount直近の操作から発生した警告の数を取得する

説明

abstract public mysql_xdevapi\BaseResult::getWarningsCount ( void ) : integer

直近の操作から発生した警告の数を取得します。 特に、これらの警告は MySQL サーバから発生します。

パラメータ

この関数にはパラメータはありません。

返り値

直近の操作から発生した警告の数を返します。

例1 mysql_xdevapi\RowResult::getWarningsCount() の例

<?php
$session 
mysql_xdevapi\getSession("mysqlx://user:password@localhost");

$session->sql("DROP DATABASE IF EXISTS foo")->execute();
$session->sql("CREATE DATABASE foo")->execute();
$session->sql("CREATE TABLE foo.test_table(x int)")->execute();

$schema $session->getSchema("foo");
$table  $schema->getTable("test_table");

$table->insert(['x'])->values([1])->values([2])->execute();

$res $table->select(['x/0 as bad_x'])->execute();

echo 
$res->getWarningsCount();
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

2
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top