PHP 7.4.0RC6 Released!

PDO_FIREBIRD DSN

(PECL PDO_FIREBIRD >= 0.1.0)

PDO_FIREBIRD DSNFirebird データベースに接続する

説明

PDO_FIREBIRD データソース名 (DSN) は以下の要素で構成されます。

DSN 接頭辞

DSN 接頭辞は firebird: です。

dbname

データベース名を指定します。

charset

文字セット。

role

SQL のロール名。

例1 PDO_FIREBIRD DSN でのパス指定の例

以下の例は、Firebird データベースに接続するための PDO_FIREBIRD DSN を表します。

firebird:dbname=/path/to/DATABASE.FDB

例2 PDO_FIREBIRD DSN でのポートとパス指定の例

以下の例は、ポートとパスを指定して Firebird データベースに接続するための PDO_FIREBIRD DSN を表します。

firebird:dbname=hostname/port:/path/to/DATABASE.FDB

例3 PDO_FIREBIRD DSN で Debian システムのローカルホストと employee.fdb へのパスを使う例

以下の例は、ローカルホストの Firebird データベース employee.fdb に接続するための PDO_FIREBIRD DSN を表します。

firebird:dbname=localhost:/var/lib/firebird/2.5/data/employee.fdb

add a note add a note

User Contributed Notes 2 notes

up
1
sim-mail at list dot ru
21 days ago
Starting with PHP 7.4 RC5, an optional dialect element in the DSN is supported. By default, the driver works with databases according to the rules of the 3rd SQL dialect. If you need to work with the database created in the first dialect, add the dialect=1 string into the DSN.

Example:

firebird:dbname=localhost:/var/lib/firebird/2.5/data/test.fdb;charset=utf-8;dialect=1
up
-63
nelson at integrasoftware dot com dot br
12 years ago
my Firebird connection example:

$str_conn = "firebird:dbname=C:\db\banco.gdb;host=localhost";
    
$dbh = new PDO($str_conn, "SYSDBA", "masterkey");
To Top