SymfonyWorld Online 2022 Winter Edition

ReflectionFiber::getTrace

(PHP 8 >= 8.1.0)

ReflectionFiber::getTrace現在実行している時点のバックトレースを取得する

説明

public ReflectionFiber::getTrace(int $options = DEBUG_BACKTRACE_PROVIDE_OBJECT): array

リフレクションされた Fiber で、 現在実行している時点のバックトレースを取得します。

パラメータ

options

options の値には、以下のフラグが指定できます。

利用可能なオプション
オプション 説明
DEBUG_BACKTRACE_PROVIDE_OBJECT これがデフォルトの値です。
DEBUG_BACKTRACE_IGNORE_ARGS スタックトレースに、関数の引数に関する情報を含めない。

戻り値

Fiber で、現在実行している時点のバックトレースを返します。

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top