Yaf_View_Simple::assignRef

(Yaf >=1.0.0)

Yaf_View_Simple::assignRefThe assignRef purpose

説明

public Yaf_View_Simple::assignRef ( string $name , mixed &$value ) : bool

Yaf_View_Simple::assign() とは異なり、 このメソッドは参照で値をエンジンに代入します。

パラメータ

name

テンプレート内でのアクセスに使う名前。

value

代入する値。

返り値

例1 Yaf_View_Simple::assignRef() の例

<?php
class IndexController extends Yaf_Controller_Abstract {
    public function 
indexAction() {
        
$value "bar";
        
$this->getView()->assign("foo"$value);

        
/* Yaf 2.1.4 より前のバージョンにはバグがあり、
         * この出力が "bar" になっていました
         */
        
$dummy $this->getView()->render("index/index.phtml");
        echo 
$value;

        
// 自動レンダリングを無効にします
        
Yaf_Dispatcher::getInstance()->autoRender(FALSE);
    }
?>

例2 テンプレートの例

<html>
 <head>
  <title><?php echo $foo;  $foo "changed"?></title>
 </head>  
<body>
</body>
</html>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

/* index コントローラにアクセスしたときの結果 */
changed

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top