ctype_xdigit

(PHP 4 >= 4.0.4, PHP 5, PHP 7, PHP 8)

ctype_xdigit 16 進数を表す文字かどうかを調べる

説明

ctype_xdigit(mixed $text): bool

与えられた文字列 text のすべての文字が 16 進の '数字' であるかどうかを調べます。

パラメータ

text

調べる文字列。

注意:

-128 から 255 までの int を渡すと、ひとつの文字の ASCII 値とみなします (負の値には 256 を足して、拡張 ASCII の範囲に収まるようにします)。 それ以外の整数値は、10 進数を含む文字列とみなします。

警告

PHP 8.1.0 以降は、ctype関数 に文字列でない引数を渡すことは、推奨されなくなりました。将来のバージョンでは、引数は ASCII コードポイントではなく、文字列として解釈されるようになります。ユーザが意図する振る舞いによっては、引数を文字列にキャストするか、 chr() を明示的にコールすべきです。

戻り値

text のすべての文字が 16 進の '数字' つまり 10 進の数字または [A-Fa-f] だった場合に true 、そうでない場合に false を返します。 空文字列を渡して呼び出した場合、結果は常に false になります。

例1 ctype_xdigit() の例

<?php
$strings
= array('AB10BC99', 'AR1012', 'ab12bc99');
foreach (
$strings as $testcase) {
if (
ctype_xdigit($testcase)) {
echo
"The string $testcase consists of all hexadecimal digits.\n";
} else {
echo
"The string $testcase does not consist of all hexadecimal digits.\n";
}
}
?>

上の例の出力は以下となります。

The string AB10BC99 consists of all hexadecimal digits.
The string AR1012 does not consist of all hexadecimal digits.
The string ab12bc99 consists of all hexadecimal digits.

参考

add a note

User Contributed Notes 2 notes

up
20
tom at hgmail dot com
17 years ago
This function shows its usefulness on a web site where a user is asked to entered a hexidecimal color code for a color. To prevent breaking W3C standard and having them enter in "neon-green" or the wrong type of code like 355511235.

In conjunction with strlen()  you could create a function like this:

function check_valid_colorhex($colorCode) {
    // If user accidentally passed along the # sign, strip it off
    $colorCode = ltrim($colorCode, '#');

    if (
          ctype_xdigit($colorCode) &&
          (strlen($colorCode) == 6 || strlen($colorCode) == 3))
               return true;

    else return false;
}
up
1
Anonymous
1 month ago
this can be used with great results if you wanna check for something like

"Tobias2" whether there is a number at the end of the string. (F.e. courselist with coursenames etc.)

Just substring the last char and put it in the function.
We should be glad about every possibility to cut out these damn regexes from our code. NEVER USE REGEX
To Top