uniqid

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

uniqid一意な ID を生成する

説明

uniqid ([ string $prefix = "" [, bool $more_entropy = FALSE ]] ) : string

マイクロ秒単位の現在時刻にもとづいた、接頭辞つきの一意な ID を取得します。

警告

この関数が生成する値は、暗号学的に安全ではありません。そのため、これを暗号として使ってはいけません。暗号学的に安全な値が必要な場合は、random_int()random_bytes() あるいは openssl_random_pseudo_bytes() を使いましょう。

警告

この関数は、戻り値の一意性を保証するものではありません。 ほとんどのシステムは、NTP などでシステムクロックを調整するので、 システム時刻は絶えず変更されます。 したがって、この関数がプロセス/スレッドの一意の ID を返さない可能性があります。 一意性を高めるには、more_entropy を使用してください。

パラメータ

prefix

これが有用なのは、たとえば複数ホストで同時に ID を生成するような場合です。このような場合、同じマイクロ秒で同じ ID が生成されてしまう可能性があります。

空の prefix を指定すると、 返される文字列は 13 文字となります。 more_entropyTRUE の場合は 23 文字となります。

more_entropy

TRUE にすると、uniqid() は 返り値の最後にさらに別のエントロピーを (線形合同法を使用して) 追加します。これにより、結果が一意になる可能性を高めます。

返り値

タイムスタンプにもとづいた一意な識別子を文字列で返します。

警告

この関数は一意な識別子を作成しようとしますが、 戻り値の一意性を完全に保証するものではありません。

例1 uniqid() の例

<?php
/* 一意なID、たとえば 4b3403665fea6 */
printf("uniqid(): %s\r\n"uniqid());

/* IDに接頭辞をつけることもできます。これは次のように書くのと
 * 同じです
 *
 * $uniqid = $prefix . uniqid();
 * $uniqid = uniqid($prefix);
 */
printf("uniqid('php_'): %s\r\n"uniqid('php_'));

/* more_entropy パラメータも使えます。Cygwin などのシステムで
 * 必要となるでしょう。これは、uniqid() が生成する値をたとえば
 * 4b340550242239.64159797 のような形式にします。
 */
printf("uniqid('', true): %s\r\n"uniqid(''true));
?>

注意

注意:

Cygwin でこの関数を動作させるには、 more_entropyTRUE にする必要があります。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top