win32_get_last_control_message

(PECL win32service >=0.1.0)

win32_get_last_control_messageサービスに送信された直近の制御メッセージを返す

説明

win32_get_last_control_message ( ) : int

サービスプロセスに送信された、直近の制御コードを返します。 サービスの実行中は、サービスを停止させる必要がないかを調べるために 定期的にこれをチェックすべきです。

警告

0.2.0 以降では、この関数は "cli" SAPI でのみ動作します。 他の SAPI では、この関数は無効になっています。

返り値

制御コード定数を返します。以下の Win32Service サービス制御メッセージ定数 のひとつです。 WIN32_SERVICE_CONTROL_CONTINUE, WIN32_SERVICE_CONTROL_DEVICEEVENT, WIN32_SERVICE_CONTROL_HARDWAREPROFILECHANGE, WIN32_SERVICE_CONTROL_INTERROGATE, WIN32_SERVICE_CONTROL_NETBINDADD, WIN32_SERVICE_CONTROL_NETBINDDISABLE, WIN32_SERVICE_CONTROL_NETBINDENABLE, WIN32_SERVICE_CONTROL_NETBINDREMOVE, WIN32_SERVICE_CONTROL_PARAMCHANGE, WIN32_SERVICE_CONTROL_PAUSE, WIN32_SERVICE_CONTROL_POWEREVENT, WIN32_SERVICE_CONTROL_PRESHUTDOWN, WIN32_SERVICE_CONTROL_SESSIONCHANGE, WIN32_SERVICE_CONTROL_SHUTDOWN, WIN32_SERVICE_CONTROL_STOP

値が 128 から 255 の場合、制御コードはカスタムの値です。

エラー / 例外

バージョン 1.0.0 より前のバージョンでは、SAPI が "cli" でない場合、 この関数は E_ERROR レベルのエラーを発生させていました。

バージョン 1.0.0 移行は、 SAPI が "cli" でない場合、 Win32ServiceException がスローされます。

変更履歴

バージョン 説明
PECL win32service 1.0.0 引数に不正な値があった場合、 ValueError をスローするようになりました。 これより前のバージョンでは、false を返していました。
PECL win32service 1.0.0 エラー時に Win32ServiceException をスローするようになりました。 これより前のバージョンでは、 Win32 エラーコード を返していました。
PECL win32service 0.2.0 この関数は "cli" SAPI でのみ動作するようになりました。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top