PHP 7.4.19 Released!

win32_delete_service

(PECL win32service >=0.1.0)

win32_delete_serviceSCM データベースからサービスのエントリを削除する

説明

win32_delete_service ( string $servicename , string $machine = ? ) : void

SCM データベースからサービスの削除を試みます。管理者権限が必要です。

この関数は、単にサービスに削除マークをつけるだけです。もし他のプロセス (サービスアプレットなど)が開かれた場合、削除処理はそのアプリケーションが 終了するまで延期されます。サービスに削除マークがつけられると、それ以降は 同じサービスに対する削除の試行は失敗します。また同名の新規サービスを作成 しようとする処理も失敗します。

パラメータ

servicename

サービスの短い名前。

machine

オプションのマシン名。指定しなかった場合、ローカルマシンが使用されます。

返り値

値を返しません。

バージョン 1.0.0 より前では、 成功した場合に WIN32_NO_ERROR を返していました。パラメータに問題がある場合は false、失敗した場合は Win32 エラーコード を返します。

エラー / 例外

servicename 引数が空の場合は、 ValueError がスローされます。

エラー時には Win32ServiceException がスローされます。

変更履歴

バージョン 説明
PECL win32service 1.0.0 引数に不正な値があった場合、 ValueError をスローするようになりました。 これより前のバージョンでは、false を返していました。
PECL win32service 1.0.0 エラー時に Win32ServiceException をスローするようになりました。 これより前のバージョンでは、 Win32 エラーコード を返していました。
PECL win32service 1.0.0 返り値の型が void になりました。 これより前のバージョンでは、mixed でした。

例1 win32_delete_service() の例

dummyphp サービスを削除します。

<?php
win32_delete_service
('dummyphp');
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top