wincache_ucache_delete

(PECL wincache >= 1.1.0)

wincache_ucache_delete 変数をユーザーキャッシュから削除する

説明

wincache_ucache_delete ( mixed $key ) : bool

key が指す要素をユーザーキャッシュから削除します。

パラメータ

key

変数をキャッシュに格納するときに使ったキーの名前。 key は大文字小文字を区別します。 key にはキーの配列を指定することもできます。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

key が配列のときは、配列の要素がどれも削除できなかった場合に FALSE を返します。それ以外の場合は、削除されたすべてのキーを含む配列を返します。

例1 wincache_ucache_delete()key に文字列を使う例

<?php
wincache_ucache_set
('foo''bar');
var_dump(wincache_ucache_delete('foo'));
var_dump(wincache_ucache_exists('foo'));
?>

上の例の出力は以下となります。

bool(true)
bool(false)

例2 wincache_ucache_delete()key に配列を使う例

<?php
$array1 
= array('green' => '5''blue' => '6''yellow' => '7''cyan' => '8');
wincache_ucache_set($array1);
$array2 = array('green''blue''yellow''cyan');
var_dump(wincache_ucache_delete($array2));
?>

上の例の出力は以下となります。

array(4) { [0]=> string(5) "green" 
           [1]=> string(4) "Blue" 
           [2]=> string(6) "yellow" 
           [3]=> string(4) "cyan" } 

例3 wincache_ucache_delete()key に配列を使い、いくつかの要素の削除に失敗する例

<?php
$array1 
= array('green' => '5''blue' => '6''yellow' => '7''cyan' => '8');
wincache_ucache_set($array1);
$array2 = array('orange''red''yellow''cyan');
var_dump(wincache_ucache_delete($array2));
?>

上の例の出力は以下となります。

array(2) { [0]=> string(6) "yellow" 
           [1]=> string(4) "cyan" }

参考

  • wincache_ucache_set() - 変数をユーザーキャッシュに追加し、変数が既にキャッシュに存在する場合はそれを上書きする
  • wincache_ucache_add() - 変数が既にキャッシュに存在しない場合にのみ変数をユーザーキャッシュに追加する
  • wincache_ucache_get() - ユーザーキャッシュに格納された変数を取得する
  • wincache_ucache_clear() - ユーザーキャッシュの中身全体を削除する
  • wincache_ucache_exists() - 変数がユーザーキャッシュに存在するかどうかを調べる
  • wincache_ucache_meminfo() - ユーザーキャッシュのメモリ使用状況についての情報を取得する
  • wincache_ucache_info() - ユーザーキャッシュにキャッシュされたファイルについての情報を取得する

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top