PHP 8.1.15 Released!

xdiff_file_patch_binary

(PECL xdiff >= 0.2.0)

xdiff_file_patch_binaryxdiff_file_bpatch() のエイリアス

説明

xdiff_file_patch_binary(string $file, string $patch, string $dest): bool

ファイル file にバイナリ形式のパッチファイル patch を適用し、結果をファイル dest に保存します。 この関数は、xdiff_file_bdiff() 関数あるいは xdiff_file_rabdiff()、 そしてそれぞれの文字列版が作成したパッチを受け取ることができます。

バージョン 1.5.0 以降、この関数は xdiff_file_bpatch() のエイリアスとなりました。

パラメータ

file

元のファイル。

patch

バイナリのパッチファイル。

dest

結果のファイルへのパス。

戻り値

成功した場合に true を、失敗した場合に false を返します。

例1 xdiff_file_patch_binary() の例

以下のコードはバイナリ diff 形式のパッチをファイルに適用します。

<?php
$old_version
= 'archive-1.0.tgz';
$patch = 'archive.bpatch';

$result = xdiff_file_patch_binary($old_version, $patch, 'archive-1.1.tgz');
if (
$result) {
echo
"パッチが適用されました";
} else {
echo
"パッチが適用できませんでした";
}

?>

注意

注意:

両方のファイル (file および patch) がメモリに読み込まれるので、 memory_limit が十分大きな値に設定されていることを確認しましょう。

参考

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top