PHP 8.1.0 Beta 1 available for testing

アロー関数

アロー関数は 無名関数 を簡潔に書ける文法として PHP 7.4 で追加されました。

無名関数とアロー関数は共に Closure クラスを使って実装されています。

アロー関数は fn (argument_list) => expr という形で記述します。

アロー関数は 無名関数 と同じ機能をサポートしていますが、 親のスコープで使える変数が常に自動で使える点だけが異なります。

式の中で使える変数が親のスコープで定義されている場合、 暗黙のうちに参照ではなく値がキャプチャされます。 次の例では、$fn1$fn2 は同じ振る舞いをします。

例1 アロー関数は参照ではなく値を自動でキャプチャする

<?php

$y 
1;
 
$fn1 fn($x) => $x $y;
// $y を値渡しするのと同じ
$fn2 = function ($x) use ($y) {
    return 
$x $y;
};

var_export($fn1(3));
?>

上の例の出力は以下となります。

4

この仕組みは、アロー関数をネストした場合でも同じ動きをします:

例2 アロー関数は、ネストされた場合でも変数を値でキャプチャする

<?php

$z 
1;
$fn fn($x) => fn($y) => $x $y $z;
// 51 を出力
var_export($fn(5)(10));
?>

無名関数と同じように、 アロー関数の文法は、引数や戻り値、デフォルト値、可変長引数、 リファレンス渡しやリファレンス返しを含む、任意の関数シグネチャを扱えます。 次に示す例は、全て正しいアロー関数の例です:

例3 アロー関数の例

<?php

fn
(array $x) => $x;
static 
fn(): int => $x;
fn($x 42) => $x;
fn(&$x) => $x;
fn&($x) => $x;
fn($x, ...$rest) => $rest;

?>

アロー関数は変数を値でバインドします。 これは変数 $x をアロー関数の内部で使うたびに use($x) を実行することと大体同じです。 値でバインドするということは、アロー関数の外のスコープの値を変更することが不可能だということです。 参照でバインドしたい場合は、無名関数 が使えます。

例4 外部のスコープの値はアロー関数では変更できない

<?php

$x 
1;
$fn fn() => $x++; // 意味がない
$fn();
var_export($x);  // 1 を出力

?>

変更履歴

バージョン 説明
7.4.0 アロー関数が利用可能になりました。

注意

注意: アロー関数の内部から func_num_args()func_get_arg() および func_get_args() を使用することができます。

add a note add a note

User Contributed Notes 5 notes

up
14
Koushil Mankali
1 year ago
In example 4  (Values from the outer scope cannot be modified by arrow functions)

<?php

$x
= 1;
$fn = fn() => $x++; // Has no effect
$fn();
var_export($x);  // Outputs 1

?>

Here we can use reference variable in fn(&$x) and pass the value from function call $fn($x) so that we will get the output as expected with out using Anonymous functions.

Example:

<?php

$x
= 1;
$fn = fn(&$x) => $x++;
$fn($x);
var_export($x);

?>

Output : 2 (as expected)

But here it will not take values from parent scope automatically but we have to pass them explicitly.
up
8
InvisibleSmiley
6 months ago
Unlike anonymous functions, arrow functions cannot have a void return type declaration.

May seem obvious, but if you thought you could make use of the benefits of arrow functions (using variables from the parent scope) to simplify a function or method call, keep in mind that this is only possible if you do NOT tell PHP that the arrow function does indeed return void.
up
8
dexen dot devries at gmail dot com
11 months ago
Beware compact() not being able to access (import) variables from external scope (known in versions: 7.4.0, 7.4.8) (bug: https://bugs.php.net/bug.php?id=78970).

A workaround is available - use the variable directly; this will cause it to be imported into the arrow function's namespace and make it available to the compact() too.

<?php
$aa
= 111;
$accessing_variable_works = fn($bb) => [ $aa, $bb ];
$compact_is_broken = fn($bb) => compact('aa', 'bb');
$compact_can_work_with_workaround = fn($bb) => compact('aa', 'bb') + ['workaround' => $aa];
var_dump($accessing_variable_works(333));
var_dump($compact_is_broken(555));
var_dump($compact_can_work_with_workaround(777));
?>

result:
array(2) {
  [0]=>
  int(111)
  [1]=>
  int(333)
}
PHP Notice:  compact(): Undefined variable: aa in /home/m/vlt/guitar/tlb/s/public_html/index.php on line 9
array(1) {
  ["bb"]=>
  int(555)
}
array(3) {
  ["aa"]=>
  int(111)
  ["bb"]=>
  int(777)
  ["workaround"]=>
  int(111)
}
up
2
itsunclexo at gmail dot com
3 months ago
As you already know, variable bindings occur in arrow functions by "by-value".  That means, an arrow function returns a copy of the value of the variable used in it from the outer scope.

Now let us see an example of how a arrow function returns a reference instead of a copy of a value.

<?php

$x
= 0;

$fn = fn &(&$x) => $x// Returns a reference

$y = &$fn($x);  // Now $y represents the reference

var_dump($y);  // Outputs: 0

$y = 3// Changing value of $y affects $x

var_dump($x);  // Ouputs: 3

?>
up
0
zhangchengming at kkguan dot com
7 months ago
<?php

$x
= 1;

(
fn() => print($x))(); // Outputs 1

(fn($x) => print($x))(2); // Outputs 2
To Top