PHP 8.0.0 Released!

Windows のサポート

configure フラグ

configure コマンドは、CFLAGSLDFLAGS を環境変数と見なすようになりました。

CTRLキーの扱い

sapi_windows_set_ctrl_handler() 関数でハンドラを設定することで、コンソールにおける CTRL+C や CTRL+BREAK をキャッチできるようになりました。

Windows における proc_open() 関数は、"create_process_group" オプションを新たに渡せるようになりました。これは、子プロセスが CTRLイベントをハンドルする場合に必須です。

OPcache

OPcache は、opcache.cache_id INIディレクティブを設定することで、ユーザー単位で別々のキャッシュを、任意の数だけ持つことをサポートしました。同一のキャッシュIDとユーザーを持つ全てのプロセスは、同一のOPcacheインスタンスを共有します。

stat

stat 関数の実装がリファクタリングされました。

  • inode番号 が取得可能になりました。この値は NTFS のファイルインデックス をベースにしています。
  • デバイス番号は、ボリュームのシリアル番号をベースにするようになりました。

これらの値は、両方システムから取得され、64bitシステムで与えられるそのままの値であることに注意して下さい。32bitのシステムでは、これらの値はオーバーフローする可能性があるため、値は偽物です。

libsqlite3

libsqlite3 は、 php_sqlite3.dllphp_pdo_sqlite.dll に静的にコンパイルされず、libsqlite3.dll として利用できるようになりました。 SQLite3PDO_SQLITE のインストール手順をそれぞれ参照してください。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top