CollectionModify::bind

(No version information available, might only be in Git)

CollectionModify::bindクエリのプレースホルダーに値をバインドする

説明

public mysql_xdevapi\CollectionModify::bind ( array $placeholder_values ) : mysql_xdevapi\CollectionModify

変更操作の検索条件のプレースホルダーにパラメータをバインドします。

プレースホルダーは :NAME というフォーマットで、 ':' は NAME の前に常に存在しなければいけない 共通のプレフィックスです。NAME はプレースホルダーの実際の名前です。 この関数は、複数のエンティティを変更操作の検索時に置き換える必要がある場合、 プレースホルダーのリストを受け付けます。

パラメータ

placeholder_values

検索条件の中で置き換える値。 複数の値が許されていますし、配列の中で "PLACEHOLDER_NAME => PLACEHOLDER_VALUE" のような形で渡すこともできます。

返り値

コマンドを実行したり、追加の操作を追加するために使う CollectionModify オブジェクトを返します。

例1 mysql_xdevapi\CollectionModify::bind() の例

<?php
$session 
mysql_xdevapi\getSession("mysqlx://user:password@localhost");
$session->sql("DROP DATABASE IF EXISTS addressbook")->execute();
$session->sql("CREATE DATABASE addressbook")->execute();

$schema     $session->getSchema("addressbook");
$collection $schema->createCollection("people");

$result $collection
  
->add(
  
'{"name":   "Bernie",
    "traits": ["Friend", "Brother", "Human"]}'

  ->
execute();

$collection
  
->modify("name = :name")
  ->
bind(['name' => 'Bernie'])
  ->
arrayAppend('traits''Happy')
  ->
execute();

$result $collection
  
->find()
  ->
execute();

print_r($result->fetchAll());
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Array
(
    [0] => Array
        (
            [_id] => 00005b6b53610000000000000110
            [name] => Bernie
            [traits] => Array
                (
                    [0] => Friend
                    [1] => Brother
                    [2] => Human
                    [3] => Happy
                )
        )
)
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top