CollectionModify::arrayInsert

(No version information available, might only be in Git)

CollectionModify::arrayInsert配列のフィールドに要素を挿入する

説明

public mysql_xdevapi\CollectionModify::arrayInsert ( string $collection_field , string $expression_or_literal ) : mysql_xdevapi\CollectionModify

ドキュメントのフィールドに要素を追加します。 フィールドの複数の要素は配列として表現されます。 arrayAppend() と異なり、arrayInsert() は新しい要素をどこに挿入するかを指定できます。常に新しい要素を配列の最後に追加します。 一方で、arrayAppend は新しい要素を常に配列の最後に追加します。

パラメータ

collection_field

新しい要素が挿入される配列中の要素を識別します。 このパラメータのフォーマットは FIELD_NAME[ INDEX ] です。 FIELD_NAME は、要素を削除するドキュメントフィールドの名前で、 INDEX はフィールド内の要素のインデックスです。

INDEX フィールドは0から始まります。 よって、配列の一番左端のインデックスは0です。

expression_or_literal

FIELD_NAME[ INDEX ] の後に挿入する新しい要素

返り値

コマンドを実行したり、追加の操作を追加できる CollectionModify オブジェクトを返します。

例1 mysql_xdevapi\CollectionModify::arrayInsert() の例

<?php
$session 
mysql_xdevapi\getSession("mysqlx://user:password@localhost");
$session->sql("DROP DATABASE IF EXISTS addressbook")->execute();
$session->sql("CREATE DATABASE addressbook")->execute();

$schema     $session->getSchema("addressbook");
$collection $schema->createCollection("people");

$result $collection
  
->add(
  
'{"name":   "Bernie",
    "traits": ["Friend", "Brother", "Human"]}'

  ->
execute();

$collection
  
->modify("name in ('Bernie', 'Jane')")
  ->
arrayInsert('traits[1]''Happy')
  ->
execute();

$result $collection
  
->find()
  ->
execute();

print_r($result->fetchAll());
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Array
(
    [0] => Array
        (
            [_id] => 00005b6b5361000000000000010d
            [name] => Bernie
            [traits] => Array
                (
                    [0] => Friend
                    [1] => Happy
                    [2] => Brother
                    [3] => Human
                )
        )
)
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top