定義済み定数

以下の定数は、PHP コアに含まれており、常に利用可能です。

出力ハンドラに渡されるステータスフラグ

以下のフラグは、ob_start() によってセットされる出力ハンドラの2番目の引数(phase) に、ビットマスクの一部として渡されます。

PHP_OUTPUT_HANDLER_START (int)

出力バッファリングが始まったことを表します。

PHP_OUTPUT_HANDLER_WRITE (int)

出力バッファがフラッシュされ、データが出力されたことを表します。

PHP_OUTPUT_HANDLER_FLUSH (int)

バッファがフラッシュされたことを表します。

PHP_OUTPUT_HANDLER_CLEAN (int)

出力バッファが消去されたことを表します。

PHP_OUTPUT_HANDLER_FINAL (int)

出力バッファリングの最終操作であることを表します。

PHP_OUTPUT_HANDLER_CONT (int)

バッファはフラッシュされたけれども、出力バッファリングはまだ続くことを表します。

これは PHP_OUTPUT_HANDLER_WRITE のエイリアスです。

PHP_OUTPUT_HANDLER_END (int)

出力バッファリングが終わったことを表します。

これは PHP_OUTPUT_HANDLER_FINAL のエイリアスです。

出力バッファの制御フラグ

以下のフラグは、ob_start() によってセットされる出力ハンドラの3番目の引数(flags) に、ビットマスクの一部として渡されます。

PHP_OUTPUT_HANDLER_CLEANABLE (int)

ob_start() が作る出力バッファを、 ob_clean() がクリーンできるかどうかを設定します。 このフラグは、ob_end_clean()ob_get_clean() の振る舞いは制御しません。

PHP_OUTPUT_HANDLER_FLUSHABLE (int)

ob_start() が作る出力バッファを、 ob_flush() がフラッシュできるかどうかを設定します。 このフラグは、ob_end_flush()ob_get_flush() の振る舞いは制御しません。

PHP_OUTPUT_HANDLER_REMOVABLE (int)

ob_start() が作る出力バッファを、 スクリプトの終了前や ob_end_clean(), ob_end_flush(), ob_get_clean(), ob_get_flush() をコールしたときに削除できるかを設定します。

PHP_OUTPUT_HANDLER_STDFLAGS (int)

出力バッファのフラグのデフォルト設定。 PHP_OUTPUT_HANDLER_CLEANABLE | PHP_OUTPUT_HANDLER_FLUSHABLE | PHP_OUTPUT_HANDLER_REMOVABLE と同等です。

出力ハンドラのステータスフラグ

以下のフラグは、 ob_get_status() が返す ビットマスク flags の一部です:

PHP_OUTPUT_HANDLER_STARTED (int)

出力ハンドラがコールされたことを示します。

PHP_OUTPUT_HANDLER_DISABLED (int)

出力ハンドラが無効になっていることを示します。 このフラグは、出力ハンドラが false を返したときや バッファの処理が失敗したとき、 または出力ハンドラをコールする前に設定されたときに設定されます。

PHP_OUTPUT_HANDLER_PROCESSED (int)

出力ハンドラがバッファの処理に成功したことを示します。

add a note

User Contributed Notes 1 note

up
0
adilazmy dot com at gmail dot com
15 days ago
While listing php constants, PHP_OUTPUT_HANDLER_PROCESSED is not defined.

Version:
PHP 8.3.6 (cli) (built: Apr 11 2024 20:23:19) (NTS)
Copyright (c) The PHP Group
Zend Engine v4.3.6, Copyright (c) Zend Technologies
with Zend OPcache v8.3.6, Copyright (c), by Zend Technologies
To Top