接続、および接続の管理

PDO 基底クラスのインスタンスを作成することにより、接続が確立されます。 どのドライバを使用するのかにかかわらず、常に PDO クラスを指定します。 コンストラクタに渡す引数により、データソース (いわゆる DSN) の指定や (もしあれば、オプションで) ユーザー名およびパスワードの指定を行います。

例1 MySQL への接続

<?php
$dbh 
= new PDO('mysql:host=localhost;dbname=test'$user$pass);
?>

接続時になんらかのエラーが発生した場合、PDOException オブジェクトがスローされます。エラー処理を行いたい場合はこの例外を キャッチします。あるいはこれを無視して、 set_exception_handler() で設定した グローバル例外ハンドラに処理を任せることもできます。

例2 接続エラーの処理

<?php
try {
    
$dbh = new PDO('mysql:host=localhost;dbname=test'$user$pass);
    foreach(
$dbh->query('SELECT * from FOO') as $row) {
        
print_r($row);
    }
    
$dbh null;
} catch (
PDOException $e) {
    print 
"エラー!: " $e->getMessage() . "<br/>";
    die();
}
?>

警告

PDO コンストラクタからの例外をアプリケーション内でキャッチしない場合、 zend エンジンはスクリプトの実行を終了し、バックトレースを表示します。 このバックトレースを見れば、データベースへの接続の詳細がわかってしまいます。 その中にはユーザー名やパスワードも含まれます。 (catch 文を使用して) 明示的に例外をキャッチするか、 あるいは set_exception_handler() を使用して 暗黙的に例外をキャッチするようにしましょう。

データベースへの接続に成功すると、PDO クラスのインスタンスが スクリプトに返されます。この PDO オブジェクトが存在する間、 接続がアクティブであり続けます。接続を閉じるには、他から 参照されていないことを保障することでオブジェクトを破棄する 必要があります。それには、オブジェクトを保持している変数に対して NULL を代入します。 明示的にこれを行わなかった場合は、スクリプトの終了時に自動的に 接続が閉じられます。

注意: この PDO インスタンスへの参照 (PDOStatement インスタンスからの参照や、同じ PDO インスタンスを参照する別の変数からの参照など) が他にも残っているなら、それらもあわせて削除する必要があります (PDOStatement を参照する変数に NULL を代入するなど)。

例3 接続を閉じる

<?php
$dbh 
= new PDO('mysql:host=localhost;dbname=test'$user$pass);
// ここで接続を使用します
$sth $dbh->query('SELECT * FROM foo');

// 使用を終了したので、閉じます
$sth null;
$dbh null;
?>

データベースサーバーへの持続的な接続による恩恵をこうむる web アプリケーションは多いでしょう。持続的な接続は、スクリプトが 終了しても閉じられずにキャッシュされ、他のスクリプトが同じ内容の 接続を要求してきた際にそれが再利用されます。持続的接続の キャッシュにより、スクリプトがデータベースを使用するたびに 新しい接続を確立するオーバーヘッドを避けることができます。 それにより、結果として web アプリケーションを高速化できるように なります。

例4 持続的な接続

<?php
$dbh 
= new PDO('mysql:host=localhost;dbname=test'$user$pass, array(
    
PDO::ATTR_PERSISTENT => true
));
?>

PDO::ATTR_PERSISTENT オプションの値は、 数値でない string の値が設定されない限り、(持続的な接続が有効/無効かを示す) boolean に変換されます。 数値でない string を設定する場合、複数の接続プールを使うことができます。 これは互換性がない異なる接続設定を使う場合に便利です。たとえば、 異なる PDO::MYSQL_ATTR_USE_BUFFERED_QUERY の値を設定する場合が挙げられます。

注意:

持続的な接続を使用したい場合は、ドライバのオプションを表す配列に PDO::ATTR_PERSISTENT を設定して PDO のコンストラクタに渡す必要があります。この属性を PDO::setAttribute() を用いてインスタンス作成後に設定した場合は、 そのドライバは持続的な接続を使用しません。

注意:

PDO ODBC ドライバを使用しており、ODBC ライブラリが ODBC 接続プーリングをサポートしている場合 (unixODBC および Windows はこれをサポートしています。他にもあるかもしれません) は、 PDO の持続的接続を使用せずに ODBC の接続プーリングに 接続キャッシュ処理を任せることを推奨します。 ODBC の接続プールは、プロセス内で他のモジュールと共有されています。 PDO が接続をキャッシュしてしまうと、その接続は ODBC の 接続プールに返されなくなり、他のモジュールによって新たな接続が 作成されてしまうようになります。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top