COM関数

参考

COM についてのより詳細な情報は » COM 仕様 を読みましょう。 PHP と COM の FAQ からも情報が得られるでしょう。 MS Office アプリケーションをサーバーサイドで使用しようと考えておられるなら、 » Considerations for Server-Side Automation of Office の情報も読んでおくべきでしょう。

目次

  • com_create_guid — グローバルユニーク ID (GUID) を生成する
  • com_event_sink — COM オブジェクトのイベントを PHP オブジェクトに接続する
  • com_get_active_object — すでに実行中の COM オブジェクトのインスタンスへのハンドルを返す
  • com_load_typelib — タイプライブラリを読み込む
  • com_message_pump — COM メッセージを処理し、timeoutms ミリ秒の間待つ
  • com_print_typeinfo — ディスパッチインターフェイスのために、PHP のクラス定義を出力する
  • variant_abs — variant の絶対値を返す
  • variant_add — 2 つの variant 値を「加算」し、結果を返す
  • variant_and — 2 つの variant の論理積を計算し、結果を返す
  • variant_cast — variant を、別の型の新しい variant に変換する
  • variant_cat — 2 つの variant 値を連結し、その結果を返す
  • variant_cmp — 2 つの variant を比較する
  • variant_date_from_timestamp — Unix タイムスタンプを、日付形式の variant で返す
  • variant_date_to_timestamp — 日付/時刻の variant 値を Unix タイムスタンプに変換する
  • variant_div — 2 つの variant の除算結果を返す
  • variant_eqv — 2 つの variant のビット値が等しいかどうかを調べる
  • variant_fix — variant の整数部を返す
  • variant_get_type — variant オブジェクトの型を返す
  • variant_idiv — variants を整数に変換し、除算の結果を返す
  • variant_imp — 2 つの variant のビット implication を行う
  • variant_int — variant の整数部を返す
  • variant_mod — 2 つの variant の除算を行い、剰余を返す
  • variant_mul — 2 つの variant の乗算を行い、その結果を返す
  • variant_neg — variant の論理否定演算を行う
  • variant_not — variant のビット否定演算を行う
  • variant_or — 2 つの variant の論理和を計算する
  • variant_pow — 2 つの variant の累乗計算を行い、その結果を返す
  • variant_round — 指定した桁で variant を丸める
  • variant_set_type — variant を「その場で」別の型に変換する
  • variant_set — variant オブジェクトに新しい値を代入する
  • variant_sub — 左の variant から右の variant を引き、その結果を返す
  • variant_xor — 2 つの variant の排他的論理和を計算する
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top