PHP 7.4.0RC4 Released!

variant_add

(PHP 5, PHP 7)

variant_add2 つの variant 値を「加算」し、結果を返す

説明

variant_add ( mixed $left , mixed $right ) : mixed

(MSDN ライブラリによる) 以下の規則に従い、 leftright に加算します。この規則は Visual Basic の規則と一致します。

Variant の加算規則
もし~なら このようにします
両者ともに文字列型 連結
一方が文字列型で、もう一方が文字 追加
一方が数値で、もう一方が文字列 追加
両者ともに数値 加算
どちらか一方が NULL NULL が返される
両者ともに空の値 Integer 型が返される

パラメータ

left

左オペランド。

right

右オペランド。

注意:

variant に関するすべての計算用関数と同様、この関数のパラメータには PHP のネイティブ型 (整数、文字列、浮動小数点数、boolean あるいは NULL) あるいは COM、VARIANT、DOTNET クラスのインスタンスが使用できます。 PHP のネイティブ型は、VARIANT クラスのコンストラクタと同じ方法で variant に変換されます。 COM オブジェクトおよび DOTNET オブジェクトはデフォルトプロパティの値を持っており、 これを variant の値として使用します。

variant に関する計算関数は、COM ライブラリの同名の関数のラッパーです。 これらの関数についての詳細な情報は、MSDN ライブラリでご確認ください。 PHP での関数名は微妙に異なります。たとえば、PHP での関数 variant_add() に対応する関数は、MSDN のドキュメントでは VarAdd() となります。

返り値

結果を返します。

参考

  • variant_sub() - 左の variant から右の variant を引き、その結果を返す

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top