PHP 7.4.0beta4 released!

variant_cmp

(PHP 5, PHP 7)

variant_cmp2 つの variant を比較する

説明

variant_cmp ( mixed $left , mixed $right [, int $lcid [, int $flags ]] ) : int

leftright を比較します。

この関数はスカラー値のみを比較します。配列や variant レコードは比較しません。

パラメータ

left

左オペランド。

right

右オペランド。

lcid

文字列の比較に使用する有効なロケール識別子です (これは文字列の比較に影響します)。

flags

flags は、以下のひとつあるいは複数の値を OR で組み合わせたもので、文字列の比較に影響します。

Variant の比較フラグ
意味
NORM_IGNORECASE 大文字小文字を区別せずに比較する
NORM_IGNORENONSPACE 非スペーシング文字を無視する
NORM_IGNORESYMBOLS 記号を無視する
NORM_IGNOREWIDTH 全角半角を区別しない
NORM_IGNOREKANATYPE ひらがなカタカナを区別しない
NORM_IGNOREKASHIDA アラビア語の kashida 文字を無視する

注意:

variant に関するすべての計算用関数と同様、この関数のパラメータには PHP のネイティブ型 (整数、文字列、浮動小数点数、boolean あるいは NULL) あるいは COM、VARIANT、DOTNET クラスのインスタンスが使用できます。 PHP のネイティブ型は、VARIANT クラスのコンストラクタと同じ方法で variant に変換されます。 COM オブジェクトおよび DOTNET オブジェクトはデフォルトプロパティの値を持っており、 これを variant の値として使用します。

variant に関する計算関数は、COM ライブラリの同名の関数のラッパーです。 これらの関数についての詳細な情報は、MSDN ライブラリでご確認ください。 PHP での関数名は微妙に異なります。たとえば、PHP での関数 variant_add() に対応する関数は、MSDN のドキュメントでは VarAdd() となります。

返り値

以下のいずれかを返します。

Variant の比較結果
意味
VARCMP_LT leftright より小さい
VARCMP_EQ leftright と等しい
VARCMP_GT leftright より大きい
VARCMP_NULL leftright のいずれか、あるいは両方が NULL

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top