変数操作 関数

目次

  • boolval — 変数の boolean としての値を取得する
  • debug_zval_dump — 内部的な Zend の値を表す文字列をダンプする
  • doubleval — floatval のエイリアス
  • empty — 変数が空であるかどうかを検査する
  • floatval — 変数の float 値を取得する
  • get_defined_vars — 全ての定義済の変数を配列で返す
  • get_resource_type — リソース型を返す
  • gettype — 変数の型を取得する
  • import_request_variables — GET/POST/Cookie 変数をグローバルスコープにインポートする
  • intval — 変数の整数としての値を取得する
  • is_array — 変数が配列かどうかを検査する
  • is_bool — 変数が boolean であるかを調べる
  • is_callable — 引数が、関数としてコール可能な構造であるかどうかを調べる
  • is_countable — 引数が、数えられる値かどうかを調べる
  • is_double — is_float のエイリアス
  • is_float — 変数の型が float かどうか調べる
  • is_int — 変数が整数型かどうかを検査する
  • is_integer — is_int のエイリアス
  • is_iterable — 変数の内容が反復可能な値であることを確認する
  • is_long — is_int のエイリアス
  • is_null — 変数が NULL かどうか調べる
  • is_numeric — 変数が数字または数値形式の文字列であるかを調べる
  • is_object — 変数がオブジェクトかどうかを検査する
  • is_real — is_float のエイリアス
  • is_resource — 変数がリソースかどうかを調べる
  • is_scalar — 変数がスカラかどうかを調べる
  • is_string — 変数の型が文字列かどうかを調べる
  • isset — 変数がセットされていること、そして NULL でないことを検査する
  • print_r — 指定した変数に関する情報を解りやすく出力する
  • serialize — 値の保存可能な表現を生成する
  • settype — 変数の型をセットする
  • strval — 変数の文字列としての値を取得する
  • unserialize — 保存用表現から PHP の値を生成する
  • unset — 指定した変数の割当を解除する
  • var_dump — 変数に関する情報をダンプする
  • var_export — 変数の文字列表現を出力または返す
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top