PHPWales 2020 - June 3rd to June 4th

変数操作 関数

目次

  • boolval — 変数の boolean としての値を取得する
  • debug_zval_dump — 内部的な Zend の値を表す文字列をダンプする
  • doubleval — floatval のエイリアス
  • empty — 変数が空であるかどうかを検査する
  • floatval — 変数の float 値を取得する
  • get_defined_vars — 全ての定義済の変数を配列で返す
  • get_resource_type — リソース型を返す
  • gettype — 変数の型を取得する
  • import_request_variables — GET/POST/Cookie 変数をグローバルスコープにインポートする
  • intval — 変数の整数としての値を取得する
  • is_array — 変数が配列かどうかを検査する
  • is_bool — 変数が boolean であるかを調べる
  • is_callable — 引数が、関数としてコール可能な構造であるかどうかを調べる
  • is_countable — 引数が、数えられる値かどうかを調べる
  • is_double — is_float のエイリアス
  • is_float — 変数の型が float かどうか調べる
  • is_int — 変数が整数型かどうかを検査する
  • is_integer — is_int のエイリアス
  • is_iterable — 変数の内容が反復可能な値であることを確認する
  • is_long — is_int のエイリアス
  • is_null — 変数が NULL かどうか調べる
  • is_numeric — 変数が数字または数値形式の文字列であるかを調べる
  • is_object — 変数がオブジェクトかどうかを検査する
  • is_real — is_float のエイリアス
  • is_resource — 変数がリソースかどうかを調べる
  • is_scalar — 変数がスカラかどうかを調べる
  • is_string — 変数の型が文字列かどうかを調べる
  • isset — 変数がセットされていること、そして NULL でないことを検査する
  • print_r — 指定した変数に関する情報を解りやすく出力する
  • serialize — 値の保存可能な表現を生成する
  • settype — 変数の型をセットする
  • strval — 変数の文字列としての値を取得する
  • unserialize — 保存用表現から PHP の値を生成する
  • unset — 指定した変数の割当を解除する
  • var_dump — 変数に関する情報をダンプする
  • var_export — 変数の文字列表現を出力または返す
add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
-1
aldemarcalazans@gmail
2 months ago
I thought the PHP developers should include in this section, the operator "identity" ( see http://php.net/manual/en/language.operators.arithmetic.php).

From an arithmetic point of view, this operator is useless but, as a converter from string to number, it is great. It does not force the numerical string to have an integer or float type, instead, it automatically determines the adequate type, depending on the numerical quantity represented by the string.
To Top