LaravelConf Taiwan 2020 CFP Started

is_callable

(PHP 4 >= 4.0.6, PHP 5, PHP 7)

is_callable 引数が、関数としてコール可能な構造であるかどうかを調べる

説明

is_callable ( mixed $var [, bool $syntax_only = FALSE [, string &$callable_name ]] ) : bool

引数の内容が、関数としてコール可能かどうかを調べます。 変数が有効な関数名かどうかを調べたり、配列の中に適切に エンコードされたオブジェクトと関数名が格納されているかどうかを 調べたりすることが可能です。

パラメータ

var

チェックする値。

syntax_only

TRUE の場合、この関数は単に var が関数またはメソッドであるかどうかだけを調べます。 文字列以外の型の変数や不正な形式の配列は、 引数として受け付けられません。有効な配列の形式は、 最初のエントリがオブジェクトあるいは文字列で、2 番目のエントリが文字列である 2 つのエントリからなるものです。

callable_name

"呼び出し名" を受け取ります。下の例では "someClass::someMethod" です。これは someClass::SomeMethod() が static メソッドであるかのようにみえますが、 そうではないことに注意しましょう。

返り値

var がコール可能な場合に TRUE、 それ以外の場合に FALSE を返します。

例1 is_callable() の例

<?php
//  変数が、関数としてコール可能かどうかを確かめます。

//
//  関数名を含む単純な配列
//

function someFunction() 
{
}

$functionVariable 'someFunction';

var_dump(is_callable($functionVariablefalse$callable_name));  // bool(true)

echo $callable_name"\n";  // someFunction

//
//  メソッドを含む配列
//

class someClass {

  function 
someMethod() 
  {
  }

}

$anObject = new someClass();

$methodVariable = array($anObject'someMethod');

var_dump(is_callable($methodVariabletrue$callable_name));  //  bool(true)

echo $callable_name"\n";  //  someClass::someMethod

?>

例2 is_callable() とコンストラクタ

PHP 5.3.0 以降は、is_callable() はコンストラクタを callable だとはみなさなくなりました。 これは、PHP 5 以降の形式のコンストラクタ (__construct) であっても PHP 4 形式のコンストラクタ (クラスと同じ名前のメソッド) であっても同じです。 PHP 5.3.0 より前のバージョンでは、これらはいずれも callable だとみなされていました。

<?php

class Foo
{
    public function 
__construct() {}
    public function 
foo() {}
}

var_dump(
    
is_callable(array('Foo''__construct')),
    
is_callable(array('Foo''foo'))
);

上の例の出力は以下となります。

bool(false)
bool(false)

参考

  • function_exists() - 指定した関数が定義されている場合に TRUE を返す
  • method_exists() - クラスメソッドが存在するかどうかを確認する

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top