PHP 7.4.12 Released!

ReflectionGenerator::getTrace

(PHP 7)

ReflectionGenerator::getTrace実行中のジェネレータのトレースを取得する

説明

public ReflectionGenerator::getTrace ([ int $options = DEBUG_BACKTRACE_PROVIDE_OBJECT ] ) : array

現在実行中のジェネレータのトレースを取得します。

パラメータ

options

options の値は以下のフラグのうちのいずれかです:

利用可能なオプション
オプション 説明
DEBUG_BACKTRACE_PROVIDE_OBJECT デフォルト
DEBUG_BACKTRACE_IGNORE_ARGS スタックトレース内の関数に引数の情報を含めない

返り値

現在実行中のジェネレータのトレースを返します。

例1 ReflectionGenerator::getTrace() の例

<?php
function foo() {
    yield 
1;
}

function 
bar()
{
    yield from 
foo();
}

function 
baz()
{
    yield from 
bar();
}

$gen baz();
$gen->valid(); // ジェネレータを開始

var_dump((new ReflectionGenerator($gen))->getTrace());

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

array(2) {
  [0]=>
  array(4) {
    ["file"]=>
    string(18) "example.php"
    ["line"]=>
    int(8)
    ["function"]=>
    string(3) "foo"
    ["args"]=>
    array(0) {
    }
  }
  [1]=>
  array(4) {
    ["file"]=>
    string(18) "example.php"
    ["line"]=>
    int(12)
    ["function"]=>
    string(3) "bar"
    ["args"]=>
    array(0) {
    }
  }
}

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top