exec

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

exec外部プログラムを実行する

説明

exec ( string $command [, array &$output [, int &$return_var ]] ) : string

exec() は指定されたコマンド command を実行します。

パラメータ

command

実行するコマンド

output

引数 output が存在する場合、指定した配列は、 コマンドからの出力の各行で埋められます。 \n のような後に続く空白は、この配列には含まれません。 配列に既に何らかの要素が 含まれる場合は、exec() は配列の最後に追加される ことに注意してください。関数が要素を追加することを望まないのなら、 それが exec() に渡される前に、配列の unset() を呼び出してください。

return_var

引数return_varが、引数 output と共に存在する場合、実行したコマンドの ステータスがこの変数に書かれます。

返り値

コマンド結果の最後の行を返します。コマンドを実行し、 一切干渉を受けずに直接コマンドから全てのデータを受けとる必要が あるならば、PassThru() 関数を使ってください。

実行されたコマンドの出力を取得するには、必ず output パラメータを設定・使用してください。

例1 exec() の例

<?php
// ("whoami" コマンドをパスに有するシステム上で)
// 実行中のphp/httpdプロセスを所有するユーザーの名前を出力
echo exec('whoami');
?>

注意

警告

ユーザーが入力したデータをこの関数に 渡すことを許可する場合、ユーザーが任意のコマンドを実行できるようシステムを欺くことが できないように escapeshellarg() または escapeshellcmd() を適用する必要があります。

注意:

プログラムがこの関数で始まる場合、 バックグラウンドで処理を続けさせるには、 プログラムの出力をファイルや別の出力ストリームにリダイレクトする必要があります。 そうしないと、プログラムが実行を終えるまで PHP はハングしてしまいます。

注意:

Windowsでは、exec() 関数はコマンドを起動するために最初に cmd.exe を起動します。cmd.exe を起動せずに外部プログラムを起動したい場合は、proc_open() 関数を bypass_shell オプションを指定して使うようにしてください。

注意: セーフモード が有効な場合、 safe_mode_exec_dirの中にある実行プログラムのみ実行可能です。 実際的な理由により、現在、実行プログラムへのパスに ..を 含めることはできません。

警告

セーフモードが有効な場合、コマンド文字列は escapeshellcmd() でエスケープされます。 つまり、echo y | echo x は、echo y \| echo x となります。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top