libxml_set_external_entity_loader

(PHP 5 >= 5.4.0, PHP 7, PHP 8)

libxml_set_external_entity_loaderデフォルトの外部エンティティローダーを変更する

説明

libxml_set_external_entity_loader ( callable|null $resolver_function ) : bool

デフォルトの外部エンティティローダーを変更します。 たとえ LIBXML_NOENT が個別のXMLの操作に設定されている場合でも、 XXE攻撃を避けるために、任意の外部エンティティの展開を抑制するために使います。 libxml_disable_entity_loader() を呼び出すことが通常は好ましいです。

パラメータ

resolver_function

次のシグネチャを持つ callable を指定します。:

resolver ( string $public_id , string $system_id , array $context ) : resource|string|null
public_id
パブリック ID
system_id
システムID
context
4つのキーを持つ配列。 キーは "directory", "intSubName", "extSubURI", "extSubSystem" です。
この callable は、 リソースまたはリソースをオープンできる文字列あるいは null でなければなりません。null を返す場合、エンティティ参照の解決は失敗します。

返り値

成功した場合に true を、失敗した場合に false を返します。

例1 libxml_set_external_entity_loader() の例

<?php
$xml 
= <<<XML
<!DOCTYPE foo PUBLIC "-//FOO/BAR" "http://example.com/foobar">
<foo>bar</foo>
XML;

$dtd = <<<DTD
<!ELEMENT foo (#PCDATA)>
DTD;

libxml_set_external_entity_loader(
    function (
$public$system$context) use($dtd) {
        
var_dump($public);
        
var_dump($system);
        
var_dump($context);
        
$f fopen("php://temp""r+");
        
fwrite($f$dtd);
        
rewind($f);
        return 
$f;
    }
);

$dd = new DOMDocument;
$r  $dd->loadXML($xml);

var_dump($dd->validate());
?>

上の例の出力は以下となります。

string(10) "-//FOO/BAR"
string(25) "http://example.com/foobar"
array(4) {
    ["directory"]    => NULL
    ["intSubName"]   => NULL
    ["extSubURI"]    => NULL
    ["extSubSystem"] => NULL
}
bool(true)

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top