LaravelConf Taiwan 2020 CFP Started

simplexml_load_string

(PHP 5, PHP 7)

simplexml_load_string XML 文字列をオブジェクトに代入する

説明

simplexml_load_string ( string $data [, string $class_name = "SimpleXMLElement" [, int $options = 0 [, string $ns [, bool $is_prefix = FALSE ]]]] ) : SimpleXMLElement

整形式 XML 文字列をオブジェクトとして返します。

パラメータ

data

整形式 XML 文字列。

class_name

このオプションのパラメータを使用して、 simplexml_load_file() が指定されたクラスのオブジェクトを返すようにします。 このクラスは、SimpleXMLElement クラスを継承していなければなりません。

options

PHP 5.1.0 と Libxml 2.6.0 から、追加の Libxml パラメータ を指定するために options を使用することもできます。

ns

名前空間プレフィックスあるいは URI。

is_prefix

ns がプレフィックスである場合に TRUE、 URI である場合に FALSE。デフォルトは FALSE です。

返り値

SimpleXMLElement クラスのオブジェクトを返します。 XML ドキュメント内のデータをプロパティに含みます。 失敗した場合に FALSE を返します。

警告

この関数は論理値 FALSE を返す可能性がありますが、FALSE として評価される値を返す可能性もあります。 詳細については 論理値の セクションを参照してください。この関数の返り値を調べるには ===演算子 を 使用してください。

エラー / 例外

XML データ内でエラーが見つかるたびに E_WARNING エラーメッセージが発生します。

ヒント

libxml_use_internal_errors() ですべての XML エラーを抑制し、 後から libxml_get_errors() で取得することもできます。

変更履歴

バージョン 説明
5.2.0 オプションの引数 is_prefix が追加されました。

例1 XML 文字列をパースする

<?php
$string 
= <<<XML
<?xml version='1.0'?> 
<document>
 <title>Forty What?</title>
 <from>Joe</from>
 <to>Jane</to>
 <body>
  I know that's the answer -- but what's the question?
 </body>
</document>
XML;

$xml simplexml_load_string($string);

print_r($xml);
?>

上の例の出力は以下となります。

SimpleXMLElement Object
(
  [title] => Forty What?
  [from] => Joe
  [to] => Jane
  [body] =>
   I know that's the answer -- but what's the question?
)

この時点で、$xml->body のようにアクセスすることができます。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top