SymfonyWorld Online 2022 Winter Edition

mysqli_result::__construct

(PHP 5, PHP 7, PHP 8)

mysqli_result::__constructmysqli_result オブジェクトを構築する

説明

public mysqli_result::__construct(mysqli $mysql, int $result_mode = MYSQLI_STORE_RESULT)

このメソッドは、新しい mysqli_result オブジェクトを構築します。

mysqli_real_query()mysqli_multi_query() 関数をコールした後に mysqli_result を作成するために使います。 このオブジェクトを手動で作成することは、 mysqli_store_result()mysqli_use_result() をコールすることと同じです。

パラメータ

link

手続き型のみ: mysqli_connect() あるいは mysqli_init() が返す mysqliオブジェクト。

result_mode

MySQL サーバから結果をどう返すかを、 以下の定数のいずれかで指定できます。

MYSQLI_STORE_RESULT (デフォルト) - バッファリングされた結果セットを使って、 mysqli_result オブジェクトを作成します。

MYSQLI_USE_RESULT - バッファリングされていない結果セットを使って、 mysqli_result オブジェクトを構築します。 取得されるのを待っている保留中のレコードが存在する限り、 接続はビジーとなり、 それ以後のクエリの呼び出しは Commands out of sync エラーが発生します。 このエラーを避けるには、 全てのレコードをサーバから取得するか、 mysqli_free_result() をコールして結果セットを破棄しなければいけません。 行を取得するために、接続はオープンしたままでなければいけません。

例1 mysqli_result オブジェクトを作る

<?php

mysqli_report
(MYSQLI_REPORT_ERROR MYSQLI_REPORT_STRICT);
$mysqli = new mysqli("localhost""my_user""my_password""world");

/* Select queries return a result set */
$mysqli->real_query("SELECT Name FROM City LIMIT 10");

$result = new mysqli_result($mysqli);
printf("Select returned %d rows.\n"$result->num_rows);

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Select returned 10 rows.

参考

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top