OAuth::setAuthType

(PECL OAuth >= 0.99.1)

OAuth::setAuthType認証方式を設定する

説明

public OAuth::setAuthType ( int $auth_type ) : bool

OAuth パラメータをどこで渡すかを設定します。

パラメータ

auth_type

auth_type は、次のフラグ (OAuth 1.0 section 5.2 において優先度の高い順) のいずれかです。

OAUTH_AUTH_TYPE_AUTHORIZATION
OAuth パラメータを HTTP Authorization ヘッダで渡します。
OAUTH_AUTH_TYPE_FORM
OAuth パラメータを HTTP POST リクエストの本文に追加します。
OAUTH_AUTH_TYPE_URI
OAuth パラメータをリクエスト URI に追加します。
OAUTH_AUTH_TYPE_NONE
何もなし。

返り値

パラメータを正しく設定した場合に TRUE を返します。 それ以外の場合 (無効な auth_type を渡した場合など) は FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
1.0.0 以前は、失敗したときに FALSE ではなく NULL を返していました。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top