PHPWales 2020 - June 3rd to June 4th

OAuth::getAccessToken

(PECL OAuth >= 0.99.1)

OAuth::getAccessTokenアクセストークンを取得する

説明

public OAuth::getAccessToken ( string $access_token_url [, string $verifier_token [, string $http_method ]] ) : array

アクセストークン、secret そして追加のレスポンスパラメータをサービスプロバイダから取得します。

パラメータ

access_token_url

アクセストークン API の URL。

auth_session_handle

認証セッションハンドル。このパラメータはコア OAuth 1.0 仕様を引用していませんが、大手プロバイダでは実装されているでしょう。 詳細な情報は » ScalableOAuth を参照ください。

verifier_token

1.0a をサポートするサービスプロバイダでは、リクエストトークンとアクセストークンを交換する際に verifier_token を渡す必要があります。 verifier_token$_GET あるいは $_POST に存在する場合は自動的にそれが渡され、 呼び出し側が verifier_token を指定する必要はありません (通常、アクセストークンを oauth_callback URL で交換する場合はこのようになります)。 詳細な情報は » ScalableOAuth を参照ください。

http_method

利用する HTTP メソッド。GETPOST など。

返り値

成功した場合は OAuth レスポンスをパースした配列、失敗した場合は FALSE を返します。

変更履歴

バージョン 説明
1.0.0 以前は、失敗したときに FALSE ではなく NULL を返していました。
0.99.9 verifier_token パラメータが追加されました。

例1 OAuth::getAccessToken() の例

<?php
try {
    
$oauth = new OAuth(OAUTH_CONSUMER_KEY,OAUTH_CONSUMER_SECRET);
    
$oauth->setToken($request_token,$request_token_secret);
    
$access_token_info $oauth->getAccessToken("https://example.com/oauth/access_token");
    if(!empty(
$access_token_info)) {
        
print_r($access_token_info);
    } else {
        print 
"Failed fetching access token, response was: " $oauth->getLastResponse();
    }
} catch(
OAuthException $E) {
    echo 
"Response: "$E->lastResponse "\n";
}
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Array
(
    [oauth_token] => some_token
    [oauth_token_secret] => some_token_secret
)

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top