ReflectionFunctionAbstract::getTentativeReturnType

(PHP 8 >= 8.1.0)

ReflectionFunctionAbstract::getTentativeReturnType関数に関連付けられた仮の戻り値の型を返す

説明

public ReflectionFunctionAbstract::getTentativeReturnType(): ?ReflectionType

関数に関連付けられた仮の戻り値の型を返します。

パラメータ

この関数にはパラメータはありません。

戻り値

仮の戻り値の型が指定されている場合は ReflectionType オブジェクトを返します。 そうでない場合は、null を返します。

例1 ReflectionFunctionAbstract::getTentativeReturnType() の例

<?php

$method 
= new ReflectionMethod(\ArrayAccess::class, 'offsetGet');
var_dump($method->getTentativeReturnType());

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

object(ReflectionNamedType)#2 (0) {
}

参考

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top