PHPKonf 2020 Online

ReflectionFunctionAbstract::hasReturnType

(PHP 7)

ReflectionFunctionAbstract::hasReturnType関数が戻り値の型を指定しているかを調べる

説明

public ReflectionFunctionAbstract::hasReturnType ( ) : bool

リフレクションされた関数が、戻り値の型を指定しているかを調べます

パラメータ

この関数にはパラメータはありません。

返り値

関数が戻り値の型を指定しているなら TRUE を返します。 指定していないなら FALSE を返します。

例1 ReflectionFunctionAbstract::hasReturnType() の例

<?php

function to_int($param) : int {
    return (int) 
$param;
}

$reflection1 = new ReflectionFunction('to_int');
var_dump($reflection1->hasReturnType());

上の例の出力は以下となります。

bool(true)

例2 ビルトイン関数で使う

<?php

$reflection2 
= new ReflectionFunction('array_merge');

var_dump($reflection2->hasReturnType());

上の例の出力は以下となります。

bool(false)

こうなるのは、たくさんの内部関数が引数や返り値に型を指定していないからです。 よって、このメソッドはビルトイン関数に使わないのが最適です。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top