SplFileInfo::openFile

(PHP 5 >= 5.1.2, PHP 7)

SplFileInfo::openFileファイルの SplFileObject オブジェクトを取得する

説明

public SplFileInfo::openFile ([ string $open_mode = "r" [, bool $use_include_path = FALSE [, resource $context = NULL ]]] ) : SplFileObject

ファイルの SplFileObject オブジェクトを作成します。 これが便利なのは、SplFileObject にはファイルを操作するためのさまざまなメソッドが追加されているからです。 SplFileInfo には、 たとえばファイルが書き込み可能かどうかなどといった情報を取得するだけの機能しかありません。

パラメータ

open_mode

ファイルを開く際のモード。使用できるモードについての説明は fopen() のドキュメントを参照ください。 デフォルトは読み込み専用となります。

use_include_path

TRUE に設定すると、このファイル名を include_path の中からも探します。

context

コンテキスト についての説明は、 マニュアルの コンテキスト の節を参照ください。

返り値

オープンしたファイルを SplFileObject オブジェクトで返します。

エラー / 例外

ファイルをオープンできない (アクセス権限が適切でないなど) 場合に RuntimeException が発生します。

例1 SplFileInfo::openFile() の例

<?php
$fileinfo 
= new SplFileInfo('/tmp/foo.txt');

if (
$fileinfo->isWritable()) {

    
$fileobj $fileinfo->openFile('a');

    
$fileobj->fwrite("appended this sample text");
}
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top