LaravelConf Taiwan 2020 CFP Started

fopen

(PHP 4, PHP 5, PHP 7)

fopenファイルまたは URL をオープンする

説明

fopen ( string $filename , string $mode [, bool $use_include_path = FALSE [, resource $context ]] ) : resource

fopen() は、filename で指定されたリソースをストリームに結び付けます。

パラメータ

filename

filename が "スキーム://..." の形式である場合、 それは URL とみなされ、PHP はそのプロトコルのハンドラ (ラッパーともいいます) を探します。 もしもそのプロトコルに対するラッパーが登録されていない場合、 PHP はスクリプトに潜在的な問題があることを示す NOTICE を発行したうえで、 filename を通常のファイルとみなしてオープンすることを試みます。

PHP は、filename がローカルのファイルを示しているとみなすと、 そのファイルへのストリームをオープンします。 そのファイルはPHPからアクセスできるものでなければなりません。 ファイルのパーミッションが (パラメータで指定された) アクセスを許可されているかどうか確認する必要があります。 セーフモード または open_basedir を有効にしている場合は更なるアクセス制限が加えられることがあります。

filename が登録されているプロトコルを示していると PHP が判断し、かつそのプロトコルがネットワーク URL として登録されていれば、 PHP は allow_url_fopen が有効となっているかどうかチェックします。 もしこれがオフになっていると、PHP は warning を発行し fopen は失敗します。

注意:

サポートされているプロトコルのリストは サポートするプロトコル/ラッパー にあります。 いくつかのプロトコル (wrappersにも関連する) は context かつ/または php.ini のオプションをサポートします。 使用するプロトコルについてセットされるオプションのリストについては、 それぞれのページを見てください (例えば、 php.ini 上の user_agent の値は http ラッパーが使用します)。

Windows 環境では、ファイルパスで用いる全てのバックスラッシュを エスケープするかフォワードスラッシュを使用することに注意してください。

<?php
$handle 
fopen("c:\\folder\\resource.txt""r");
?>

mode

パラメータ mode は、 そのストリームに要するアクセス形式を指定します。 この指定は、下表のうちのどれかとなります。

fopen() で使用可能な mode のリスト
mode 説明
'r' 読み込みのみでオープンします。ファイルポインタをファイルの先頭に置きます。
'r+' 読み込み/書き出し用にオープンします。 ファイルポインタをファイルの先頭に置きます。
'w' 書き出しのみでオープンします。ファイルポインタをファイルの先頭に置き、 ファイルサイズをゼロにします。ファイルが存在しない場合には、 作成を試みます。
'w+' 読み込み/書き出し用でオープンします。 ファイルポインタをファイルの先頭に置き、 ファイルサイズをゼロにします。 ファイルが存在しない場合には、作成を試みます。
'a' 書き出し用のみでオープンします。ファイルポインタをファイルの終端に置きます。 ファイルが存在しない場合には、作成を試みます。 このモードは、fseek() では何の効果もありません。 書き込みは、常に追記となります。
'a+' 読み込み/書き出し用でオープンします。 ファイルポインタをファイルの終端に置きます。 ファイルが存在しない場合には、作成を試みます。 このモードは、fseek() では読み込み位置のみに影響します。 書き込みは、常に追記となります。
'x' 書き込みのみでオープンします。ファイルポインタをファイルの先頭に置きます。 ファイルが既に存在する場合には fopen() は失敗し、 E_WARNING レベルのエラーを発行します。 ファイルが存在しない場合には新規作成を試みます。 これは open(2) システムコールにおける O_EXCL|O_CREAT フラグの指定と等価です。 このオプションはPHP4.3.2以降でサポートされ、また、 ローカルファイルに対してのみ有効です。
'x+' 読み込み/書き出し用でオープンします。 それ以外のふるまいは 'x' と同じです。
'c' 書き込みのみでオープンします。ファイルが存在しない場合には新規作成を試みます。 ファイルが既に存在する場合でもそれを ('w' のように) 切り詰めたりせず、 また ('x' のように) 関数のコールが失敗することもありません。 ファイルポインタをファイルの先頭に置きます。これは、アドバイザリ・ロック (flock() を参照ください) を確保してからファイルを変更したい場合に便利です。 'w' を使うと、ロックを取得する前にファイルを切り詰めてしまいます (もしファイルを切り詰めたいのなら、ロックを要求した後で ftruncate() を使うこともできます)。
'c+' 読み込み/書き出し用でオープンします。 それ以外のふるまいは 'c' と同じです。
'e' オープンされたファイル記述子に close-on-exec フラグを設定します。 POSIX.1-2008 準拠のシステムでコンパイルされた PHP でのみ利用可能です。

注意:

オペレーティングシステムファミリが異なると行末も異なります。 テキストファイルに書き出し、そこに改行を加えたいとき、 オペレーティングシステムにあわせた正しい改行コードを使用する必要があります。 Unix ベースのシステムでは改行に \n キャラクタを使用します。 Windows ベースのシステムでは \r\n を使用します。 マッキントッシュベースのシステムでは \r を使用します。

間違った改行コードでファイルに書き込むと、 他のアプリケーション上でそのファイルを開いた際に変な風に見えてしまいます。

Windows上では、\n\r\nに透過的に変換する text-mode変換フラグ('t')が提供されます。 それに対し、'b'を使って強制的にバイナリモードにすることもできます。 その場合データの変換はされません。 このフラグを使用するには、'b' または 't'mode引数の最後に追加してください。

デフォルトの変換モードは SAPI と使用している PHP のバージョンによって異なります。 したがって、互換性の意味から、常に適切なフラグを指定することが推奨されます。 plain-text ファイルを使用する場合には 't' モードを指定すべきであり、 改行に \n を使用すると、 メモ帳のようなアプリケーションで読めることを期待できます。 それ以外のケースでは 'b' を使うべきです。

バイナリファイルを扱っている際に 'b' フラグを指定しなかった場合、 画像ファイルが壊れたり、\r\n キャラクタがおかしくなる等の問題を抱えてしまうでしょう。

注意:

互換性維持のために、fopen() でファイルをオープンする際は 常に 'b' フラグを指定することが強く推奨されます。

注意:

互換性維持のために、't' モードを使用または依存しているコードを書き直し、 正しい改行コードと 'b' モードを代わりに使用することが、 強く推奨されます。

use_include_path

オプションの3番目の引数use_include_pathに'1'又は TRUE を設定することにより、include_path のファイルの検索も行うこともできます。

context

注意: コンテキストのサポートは、 PHP 5.0.0 で追加されました。contexts の説明に関しては、 ストリーム を参照してください。

返り値

成功した場合にファイルポインタリソース、 失敗した場合に FALSE を返します

エラー / 例外

失敗したときは E_WARNING が発生します。

変更履歴

バージョン 説明
7.0.16, 7.1.2 'e' が追加されました。
5.2.6 'c' および 'c+' が追加されました。

例1 fopen() の例

<?php
$handle 
fopen("/home/rasmus/file.txt""r");
$handle fopen("/home/rasmus/file.gif""wb");
$handle fopen("http://www.example.com/""r");
$handle fopen("ftp://user:password@example.com/somefile.txt""w");
?>

注意

警告

IIS のような、いくつかの標準に 対応してない Web サーバーは、PHP に警告を発生させるような手順でデータを送信します。 このようなサーバーを使用する場合は、 error_reporting を警告を発生しないレベルまで小さくする必要があります。 PHP では、https:// ラッパーでストリームをオープンする際に バグがある IIS サーバーソフトウエアを検出することができ、この警告を抑制することができます。 あなたが ssl:// ソケットを作成するために fsockopen() を使用している場合、 自らこの警告を検出し、抑制する必要があります。

注意: セーフモード が有効の場合、PHP は、 操作を行うディレクトリが、実行するスクリプトと同じ UID (所有者)を有しているか どうかを確認します。

注意:

ファイルの読みこみ・書きこみ時に問題が発生し、 サーバーモジュール版のPHPを使用している場合、 使用するファイル・ディレクトリがサーバープロセスからアクセス可能かどうかを確認してください。

注意:

この関数は、filename がディレクトリの場合でも成功することがあります。 filename がファイルなのかディレクトリなのかがはっきりしない場合は、 まず is_dir() を使ってから fopen() を呼ぶようにしましょう。

参考

  • サポートするプロトコル/ラッパー
  • fclose() - オープンされたファイルポインタをクローズする
  • fgets() - ファイルポインタから 1 行取得する
  • fread() - バイナリセーフなファイルの読み込み
  • fwrite() - バイナリセーフなファイル書き込み処理
  • fsockopen() - インターネット接続もしくは Unix ドメインソケット接続をオープンする
  • file() - ファイル全体を読み込んで配列に格納する
  • file_exists() - ファイルまたはディレクトリが存在するかどうか調べる
  • is_readable() - ファイルが存在し、読み込み可能であるかどうかを知る
  • stream_set_timeout() - ストリームにタイムアウトを設定する
  • popen() - プロセスへのファイルポインタをオープンする
  • stream_context_create() - ストリームコンテキストを作成する
  • umask() - 現在の umask を変更する
  • SplFileObject

add a note add a note

User Contributed Notes 19 notes

up
92
chapman at worldtakeoverindustries dot com
8 years ago
Note - using fopen in 'w' mode will NOT update the modification time (filemtime) of a file like you may expect. You may want to issue a touch() after writing and closing the file which update its modification time. This may become critical in a caching situation, if you intend to keep your hair.
up
15
php at delhelsa dot com
11 years ago
With php 5.2.5 on Apache 2.2.4, accessing files on an ftp server with fopen() or readfile() requires an extra forwardslash if an absolute path is needed.

i.e., if a file called bullbes.txt is stored under /var/school/ on ftp server example.com and you're trying to access it with user blossom and password buttercup, the url would be:

ftp://blossom:buttercup@example.com//var/school/bubbles.txt

Note the two forwardslashes. It looks like the second one is needed so the server won't interpret the path as relative to blossom's home on townsville.
up
1
k-gun at git dot io
7 months ago
Seems not documented here but keep in mind, when $filename contains null byte (\0) then a TypeError will be thrown with message such;

TypeError: fopen() expects parameter 1 to be a valid path, string given in ...
up
1
petepostma-deletethis at gmail dot com
3 years ago
The verbal descriptions take a while to read through to get a feel for the expected results for fopen modes. This csv table can help break it down for quicker understanding to find which mode you are looking for:

Mode,Creates,Reads,Writes,Pointer Starts,Truncates File,Notes,Purpose
r,,y,,beginning,,fails if file doesn't exist,basic read existing file
r+,,y,y,beginning,,fails if file doesn't exist,basic r/w existing file
w,y,,y,beginning+end,y,,"create, erase, write file"
w+,y,y,y,beginning+end,y,,"create, erase, write file with read option"
a,y,,y,end,,,"write from end of file, create if needed"
a+,y,y,y,end,,,"write from end of file, create if needed, with read options"
x,y,,y,beginning,,fails if file exists,"like w, but prevents over-writing an existing file"
x+,y,y,y,beginning,,fails if file exists,"like w+, but prevents over writing an existing file"
c,y,,y,beginning,,,open/create a file for writing without deleting current content
c+,y,y,y,beginning,,,"open/create a file that is read, and then written back down"
up
7
info at b1g dot de
14 years ago
Simple class to fetch a HTTP URL. Supports "Location:"-redirections. Useful for servers with allow_url_fopen=false. Works with SSL-secured hosts.

<?php
#usage:
$r = new HTTPRequest('http://www.example.com');
echo
$r->DownloadToString();

class
HTTPRequest
{
    var
$_fp;        // HTTP socket
   
var $_url;        // full URL
   
var $_host;        // HTTP host
   
var $_protocol;    // protocol (HTTP/HTTPS)
   
var $_uri;        // request URI
   
var $_port;        // port
   
    // scan url
   
function _scan_url()
    {
       
$req = $this->_url;
       
       
$pos = strpos($req, '://');
       
$this->_protocol = strtolower(substr($req, 0, $pos));
       
       
$req = substr($req, $pos+3);
       
$pos = strpos($req, '/');
        if(
$pos === false)
           
$pos = strlen($req);
       
$host = substr($req, 0, $pos);
       
        if(
strpos($host, ':') !== false)
        {
            list(
$this->_host, $this->_port) = explode(':', $host);
        }
        else
        {
           
$this->_host = $host;
           
$this->_port = ($this->_protocol == 'https') ? 443 : 80;
        }
       
       
$this->_uri = substr($req, $pos);
        if(
$this->_uri == '')
           
$this->_uri = '/';
    }
   
   
// constructor
   
function HTTPRequest($url)
    {
       
$this->_url = $url;
       
$this->_scan_url();
    }
   
   
// download URL to string
   
function DownloadToString()
    {
       
$crlf = "\r\n";
       
       
// generate request
       
$req = 'GET ' . $this->_uri . ' HTTP/1.0' . $crlf
           
.    'Host: ' . $this->_host . $crlf
           
.    $crlf;
       
       
// fetch
       
$this->_fp = fsockopen(($this->_protocol == 'https' ? 'ssl://' : '') . $this->_host, $this->_port);
       
fwrite($this->_fp, $req);
        while(
is_resource($this->_fp) && $this->_fp && !feof($this->_fp))
           
$response .= fread($this->_fp, 1024);
       
fclose($this->_fp);
       
       
// split header and body
       
$pos = strpos($response, $crlf . $crlf);
        if(
$pos === false)
            return(
$response);
       
$header = substr($response, 0, $pos);
       
$body = substr($response, $pos + 2 * strlen($crlf));
       
       
// parse headers
       
$headers = array();
       
$lines = explode($crlf, $header);
        foreach(
$lines as $line)
            if((
$pos = strpos($line, ':')) !== false)
               
$headers[strtolower(trim(substr($line, 0, $pos)))] = trim(substr($line, $pos+1));
       
       
// redirection?
       
if(isset($headers['location']))
        {
           
$http = new HTTPRequest($headers['location']);
            return(
$http->DownloadToString($http));
        }
        else
        {
            return(
$body);
        }
    }
}
?>
up
3
ideacode
14 years ago
Note that whether you may open directories is operating system dependent. The following lines:

<?php
// Windows ($fh === false)
$fh = fopen('c:\\Temp', 'r');

// UNIX (is_resource($fh) === true)
$fh = fopen('/tmp', 'r');
?>

demonstrate that on Windows (2000, probably XP) you may not open a directory (the error is "Permission Denied"), regardless of the security permissions on that directory.

On UNIX, you may happily read the directory format for the native filesystem.
up
2
keithm at aoeex dot NOSPAM dot com
18 years ago
I was working on a consol script for win32 and noticed a few things about it.  On win32 it appears that you can't re-open the input stream for reading, but rather you have to open it once, and read from there on.  Also, i don't know if this is a bug or what but it appears that fgets() reads until the new line anyway.  The number of characters returned is ok, but it will not halt reading and return to the script.  I don't know of a work around for this right now, but i'll keep working on it.

This is some code to work around the close and re-open of stdin.

<?php
function read($length='255'){
    if (!isset(
$GLOBALS['StdinPointer'])){
       
$GLOBALS['StdinPointer']=fopen("php://stdin","r");
    }
   
$line=fgets($GLOBALS['StdinPointer'],$length);
    return
trim($line);
}
echo
"Enter your name: ";
$name=read();
echo
"Enter your age: ";
$age=read();
echo
"Hi $name, Isn't it Great to be $age years old?";
@
fclose($StdinPointer);
?>
up
2
ceo at l-i-e dot com
14 years ago
If you need fopen() on a URL to timeout, you can do like:
<?php
  $timeout
= 3;
 
$old = ini_set('default_socket_timeout', $timeout);
 
$file = fopen('http://example.com', 'r');
 
ini_set('default_socket_timeout', $old);
 
stream_set_timeout($file, $timeout);
 
stream_set_blocking($file, 0);
 
//the rest is standard
?>
up
1
php at richardneill dot org
8 years ago
fopen() will block if the file to be opened is a fifo. This is true whether it's opened in "r" or "w" mode.  (See man 7 fifo: this is the correct, default behaviour; although Linux supports non-blocking fopen() of a fifo, PHP doesn't).
The consequence of this is that you can't discover whether an initial fifo read/write would block because to do that you need stream_select(), which in turn requires that fopen() has happened!
up
0
php-manual at merlindynamics dot com
11 days ago
There is an undocumented mode for making fopen non-blocking (not working on windows). By adding 'n' to the mode parameter, fopen will not block, however if the pipe does not exist an error will be raised.

$fp = fopen("/tmp/debug", "a"); //blocks if pipe does not exist

$fp = fopen("/tmp/debug", "an"); //raises error on pipe not exist
up
0
etters dot ayoub at gmail dot com
2 years ago
This functions check recursive permissions and recursive existence parent folders, before creating a folder. To avoid the generation of errors/warnings.

/**
* This functions check recursive permissions and recursive existence parent folders,
* before creating a folder. To avoid the generation of errors/warnings.
*
* @return bool
*     true folder has been created or exist and writable.
*     False folder not exist and cannot be created.
*/
function createWritableFolder($folder)
{
    if (file_exists($folder)) {
        // Folder exist.
        return is_writable($folder);
    }
    // Folder not exit, check parent folder.
    $folderParent = dirname($folder);
    if($folderParent != '.' && $folderParent != '/' ) {
        if(!createWritableFolder(dirname($folder))) {
            // Failed to create folder parent.
            return false;
        }
        // Folder parent created.
    }

    if ( is_writable($folderParent) ) {
        // Folder parent is writable.
        if ( mkdir($folder, 0777, true) ) {
            // Folder created.
            return true;
        }
        // Failed to create folder.
    }
    // Folder parent is not writable.
    return false;
}

/**
* This functions check recursive permissions and recursive existence parent folders,
* before creating a file/folder. To avoid the generation of errors/warnings.
*
* @return bool
*     true has been created or file exist and writable.
*     False file not exist and cannot be created.
*/
function createWritableFile($file)
{
    // Check if conf file exist.
    if (file_exists($file)) {
        // check if conf file is writable.
        return is_writable($file);
    }

    // Check if conf folder exist and try to create conf file.
    if(createWritableFolder(dirname($file)) && ($handle = fopen($file, 'a'))) {
        fclose($handle);
        return true; // File conf created.
    }
    // Inaccessible conf file.
    return false;
}
up
1
flobee
14 years ago
download: i need a function to simulate a "wget url" and do not buffer the data in the memory to avoid thouse problems on large files:
<?php
function download($file_source, $file_target) {
       
$rh = fopen($file_source, 'rb');
       
$wh = fopen($file_target, 'wb');
        if (
$rh===false || $wh===false) {
// error reading or opening file
          
return true;
        }
        while (!
feof($rh)) {
            if (
fwrite($wh, fread($rh, 1024)) === FALSE) {
                  
// 'Download error: Cannot write to file ('.$file_target.')';
                  
return true;
               }
        }
       
fclose($rh);
       
fclose($wh);
       
// No error
       
return false;
    }
?>
up
0
kasper at webmasteren dot eu
8 years ago
"Do not use the following reserved device names for the name of a file:
CON, PRN, AUX, NUL, COM1, COM2, COM3, COM4, COM5, COM6, COM7, COM8, COM9, LPT1,
LPT2, LPT3, LPT4, LPT5, LPT6, LPT7, LPT8, and LPT9. Also avoid these names
followed immediately by an extension; for example, NUL.txt is not recommended.
For more information, see Namespaces"
it is a windows limitation.
see:
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/aa365247(v=vs.85).aspx
up
0
sean downey
12 years ago
when using ssl / https on windows i would get the error:
"Warning: fopen(https://example.com): failed to open stream: Invalid argument in someSpecialFile.php on line 4344534"

This was because I did not have the extension "php_openssl.dll" enabled.

So if you have the same problem, goto your php.ini file and enable it :)
up
0
ken dot gregg at rwre dot com
16 years ago
PHP will open a directory if a path with no file name is supplied. This just bit me. I was not checking the filename part of a concatenated string.

For example:

<?php
$fd
= fopen('/home/mydir/' . $somefile, 'r');
?>

Will open the directory if $somefile = ''

If you attempt to read using the file handle you will get the binary directory contents. I tried append mode and it errors out so does not seem to be dangerous.

This is with FreeBSD 4.5 and PHP 4.3.1. Behaves the same on 4.1.1 and PHP 4.1.2. I have not tested other version/os combinations.
up
0
dan at cleandns dot com
16 years ago
<?php
#going to update last users counter script since
#aborting a write because a file is locked is not correct.

$counter_file = '/tmp/counter.txt';
clearstatcache();
ignore_user_abort(true);     ## prevent refresh from aborting file operations and hosing file
if (file_exists($counter_file)) {
  
$fh = fopen($counter_file, 'r+');
    while(
1) {
      if (
flock($fh, LOCK_EX)) {
        
#$buffer = chop(fgets($fh, 2));
        
$buffer = chop(fread($fh, filesize($counter_file)));
        
$buffer++;
        
rewind($fh);
        
fwrite($fh, $buffer);
        
fflush($fh);
        
ftruncate($fh, ftell($fh));    
        
flock($fh, LOCK_UN);
         break;
      }
   }
}
else {
  
$fh = fopen($counter_file, 'w+');
  
fwrite($fh, "1");
  
$buffer="1";
}
fclose($fh);

print
"Count is $buffer";

?>
up
-2
splogamurugan at gmail dot com
8 years ago
While opening a file with multibyte data (Ex: données multi-octets), faced some issues with the encoding. Got to know that it uses  windows-1250. Used iconv to convert it to UTF-8 and it resolved the issue. 

<?php
function utf8_fopen_read($fileName) {
   
$fc = iconv('windows-1250', 'utf-8', file_get_contents($fileName));
   
$handle=fopen("php://memory", "rw");
   
fwrite($handle, $fc);
   
fseek($handle, 0);
    return
$handle;
}
?>

Example usage:

<?php
$fh
= utf8_fopen_read("./tpKpiBundle.csv");
while ((
$data = fgetcsv($fh, 1000, ",")) !== false) {
    foreach (
$data as $value) {
        echo
$value . "<br />\n";
    }
}
?>

Hope it helps.
up
-2
apathetic012 at gmail dot com
7 years ago
a variable $http_response_header is available when doing the fopen(). Which contains an array of the response header.
up
-1
durwood at speakeasy dot NOSPAM dot net
14 years ago
I couldn't for the life of me get a certain php script working when i moved my server to a new Fedora 4 installation. The problem was that fopen() was failing when trying to access a file as a URL through apache -- even though it worked fine when run from the shell and even though the file was readily readable from any browser.  After trying to place blame on Apache, RedHat, and even my cat and dog, I finally ran across this bug report on Redhat's website:

https://bugzilla.redhat.com/bugzilla/show_bug.cgi?id=164700

Basically the problem was SELinux (which I knew nothing about) -- you have to run the following command in order for SELinux to allow php to open a web file:

/usr/sbin/setsebool httpd_can_network_connect=1

To make the change permanent, run it with the -P option:

/usr/sbin/setsebool -P httpd_can_network_connect=1

Hope this helps others out -- it sure took me a long time to track down the problem.
To Top