PHPKonf 2020 Online

file_get_contents

(PHP 4 >= 4.3.0, PHP 5, PHP 7)

file_get_contentsファイルの内容を全て文字列に読み込む

説明

file_get_contents ( string $filename [, bool $use_include_path = FALSE [, resource $context [, int $offset = 0 [, int $maxlen ]]]] ) : string|false

この関数は file() と似ていますが、 offset で指定した場所から開始し maxlen バイト分だけ ファイルの内容を文字列に読み込むという点が異なります。 失敗した場合、file_get_contents()FALSE を返します。

file_get_contents()はファイルの内容を文字列に読み込む 方法として好ましいものです。もしOSがサポートしていれば パフォーマンス向上のためにメモリマッピング技術が使用されます。

注意:

空白のような特殊な文字を有する URI をオープンする場合には、 urlencode() でその URI をエンコードする必要があります。

パラメータ

filename

データを読み込みたいファイルの名前。

use_include_path

注意:

定数 FILE_USE_INCLUDE_PATH を使用して インクルードパス から探すことができます。 この定数を使うことは、強い型付け が有効になっている場合は不可能です。なぜなら、 FILE_USE_INCLUDE_PATHint だからです。 TRUE を代わりに使いましょう。

context

stream_context_create() で作成したコンテキストリソース。 独自のコンテキストを使用する必要がない場合は、このパラメータに NULL を指定します。

offset

元のストリーム上で、読み込みを開始するオフセット位置。 負のオフセットは、ストリームの末尾からのオフセットと解釈されます。

リモートファイルに対するシーク (offset 指定) はサポートしていません。 オフセットが小さい場合はリモートファイルでのシークがうまくいくこともありますが、 これはバッファリングされたストリーム上で動作しているだけのことです。

maxlen

読み込むデータの最大バイト数。 デフォルトは、ファイル終端に達するまで読み込みます。 このパラメータは、フィルタが処理した後のストリームに適用されることに注意しましょう。

返り値

読み込んだデータを返します。失敗した場合に FALSE を返します。

警告

この関数は論理値 FALSE を返す可能性がありますが、FALSE として評価される値を返す可能性もあります。 詳細については 論理値の セクションを参照してください。この関数の返り値を調べるには ===演算子 を 使用してください。

エラー / 例外

filename が見つからない場合、maxlength がゼロより小さい場合、あるいはストリーム内での指定した offset へのシークが失敗した場合に E_WARNING レベルのエラーが発生します。

例1 とあるウェブサイトのホームページのソースの取得と出力

<?php
$homepage 
file_get_contents('http://www.example.com/');
echo 
$homepage;
?>

例2 include_path の検索

<?php
// 厳密な型検査が有効な場合。つまり、declare(strict_types=1) の場合
$file file_get_contents('./people.txt'true);
// 厳密な型検査が有効でない場合
$file file_get_contents('./people.txt'FILE_USE_INCLUDE_PATH);
?>

例3 ファイルの一部の読み込み

<?php
// 21 文字目から 14 文字ぶん読み込みます
$section file_get_contents('./people.txt'FALSENULL2014);
var_dump($section);
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

string(14) "lle Bjori Ro" 

例4 ストリームコンテキストの使用

<?php
// ストリームを作成します
$opts = array(
  
'http'=>array(
    
'method'=>"GET",
    
'header'=>"Accept-language: en\r\n" .
              
"Cookie: foo=bar\r\n"
  
)
);

$context stream_context_create($opts);

// 上で設定した HTTP ヘッダを使用してファイルをオープンします
$file file_get_contents('http://www.example.com/'false$context);
?>

変更履歴

バージョン 説明
7.1.0 負の offset をサポートするようになりました。

注意

注意: この関数はバイナリデータに対応しています。

ヒント

fopen wrappers が有効の場合、この関数のファイル名として URL を使用することができます。ファイル名の指定方法に関する詳細は fopen() を参照ください。 サポートするプロトコル/ラッパー には、さまざまなラッパーの機能やその使用法、 提供される定義済み変数などの情報がまとめられています。

警告

IIS のような、いくつかの標準に 対応してない Web サーバーは、PHP に警告を発生させるような手順でデータを送信します。 このようなサーバーを使用する場合は、 error_reporting を警告を発生しないレベルまで小さくする必要があります。 PHP では、https:// ラッパーでストリームをオープンする際に バグがある IIS サーバーソフトウエアを検出することができ、この警告を抑制することができます。 あなたが ssl:// ソケットを作成するために fsockopen() を使用している場合、 自らこの警告を検出し、抑制する必要があります。

参考

add a note add a note

User Contributed Notes 2 notes

up
52
Bart Friederichs
8 years ago
file_get_contents can do a POST, create a context for that first:

<?php

$opts
= array('http' =>
  array(
   
'method'  => 'POST',
   
'header'  => "Content-Type: text/xml\r\n".
     
"Authorization: Basic ".base64_encode("$https_user:$https_password")."\r\n",
   
'content' => $body,
   
'timeout' => 60
 
)
);
                       
$context  = stream_context_create($opts);
$url = 'https://'.$https_server;
$result = file_get_contents($url, false, $context, -1, 40000);

?>
up
0
jlh
1 month ago
A gotcha to look out for:

Passing NULL as $maxlen explicitely will result in an empty string being returned.  It is necessary to omit the parameter entirely or provide a desired value.
To Top