PHP 8.1.15 Released!

Spoofchecker::setChecks

(PHP 5 >= 5.4.0, PHP 7, PHP 8, PECL intl >= 2.0.0)

Spoofchecker::setChecks実行するチェックを設定する

説明

public Spoofchecker::setChecks(int $checks): void

SpoofChecker::isSuspicious() で行われるチェックの種類を設定します。

パラメータ

checks

SpoofChecker::isSuspicious() で行われるチェック。 以下からなるビットマスクの組み合わせです。 Spoofchecker::SINGLE_SCRIPT_CONFUSABLE, Spoofchecker::MIXED_SCRIPT_CONFUSABLE, Spoofchecker::WHOLE_SCRIPT_CONFUSABLE, Spoofchecker::ANY_CASE, Spoofchecker::SINGLE_SCRIPT, Spoofchecker::INVISIBLE, Spoofchecker::CHAR_LIMIT。 ICU 58 以降では、デフォルトで全てのチェックが設定されます。 それより前のバージョンでは、全てのチェックから Spoofchecker::SINGLE_SCRIPT が除外されていました。

戻り値

値を返しません。

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top