PHP 8.1.0 RC 4 available for testing

ArrayObject::setFlags

(PHP 5 >= 5.1.0, PHP 7, PHP 8)

ArrayObject::setFlags処理フラグを設定する

説明

public ArrayObject::setFlags(int $flags): void

ArrayObject の振る舞いを変更するフラグを設定します。

パラメータ

flags

新たな ArrayObject の振る舞い。 ビットマスクか、定数名で指定します。 将来のバージョンとの互換性のため、定数名での指定を強く推奨します。

利用可能なフラグの一覧を以下に示します。 これらのフラグの実際の意味については 定義済みの定数 を参照ください。

ArrayObject のフラグ
定数
1 ArrayObject::STD_PROP_LIST
2 ArrayObject::ARRAY_AS_PROPS

返り値

値を返しません。

例1 ArrayObject::setFlags() の例

<?php
// フルーツの配列
$fruits = array("lemons" => 1"oranges" => 4"bananas" => 5"apples" => 10);

$fruitsArrayObject = new ArrayObject($fruits);

// 配列のキーをプロパティとして使用してみます
var_dump($fruitsArrayObject->lemons);
// フラグを設定して、配列のキーを ArrayObject のプロパティとして使えるようにします
$fruitsArrayObject->setFlags(ArrayObject::ARRAY_AS_PROPS);
// 改めて挑戦します
var_dump($fruitsArrayObject->lemons);
?>

上の例の出力は以下となります。

NULL
int(1)

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top