ArrayObject::ksort

(PHP 5 >= 5.2.0, PHP 7, PHP 8)

ArrayObject::ksortキーでエントリをソートする

説明

public ArrayObject::ksort(int $flags = SORT_REGULAR): bool

キーでエントリをソートし、キーと値の関係は保持します。 主に連想配列で有用です。

注意:

比較結果が等しくなる二つの要素があった場合、それらの並び順は保持されます。PHP 8.0.0 より前のバージョンでは、ソートした配列におけるそれらの並び順は不定でした。

パラメータ

flags

オプションの第二引数 flags によりソートの動作を修正可能です。 使える値は下記の通りです:

ソートタイプのフラグ:

  • SORT_REGULAR - 通常通りに項目を比較します。 詳細は 比較演算子 で説明されています。
  • SORT_NUMERIC - 数値として項目を比較します。
  • SORT_STRING - 文字列として項目を比較します。
  • SORT_LOCALE_STRING - 現在のロケールに基づいて、文字列として項目を比較します。 比較に使うロケールは、setlocale() 関数で変更できます。
  • SORT_NATURAL - 要素の比較を文字列として行い、 natsort() と同様の「自然順」で比較します。
  • SORT_FLAG_CASE - SORT_STRINGSORT_NATURAL と (ビットORで) 組み合わせて使い、 文字列のソートで大文字小文字を区別しないようにします。

戻り値

常に true を返します。

例1 ArrayObject::ksort() の例

<?php
$fruits 
= array("d" => "lemon""a" => "orange""b" => "banana""c" => "apple");
$fruitArrayObject = new ArrayObject($fruits);
$fruitArrayObject->ksort();

foreach (
$fruitArrayObject as $key => $val) {
    echo 
"$key = $val\n";
}
 
?>

上の例の出力は以下となります。

a = orange
b = banana
c = apple
d = lemon

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top