PHP 8.0.24 Released!

メタデータ

MySQL の結果セットは、メタデータを含んでいます。 メタデータは、結果セットで見つかったカラムの情報を説明するものです。 MySQL が送信した全てのメタデータは、 mysqli のインターフェイスを通じてアクセスできます。 この拡張機能は、受け取った情報に対してまったく変更を行いません。 仮にしたとしても、無視できる程度のものです。 MySQL のサーバのバージョンによる違いは調整されません。

メタデータは、 mysqli_result インターフェイスを使ってアクセスします。

例1 結果セットのメタデータにアクセスする

<?php

mysqli_report
(MYSQLI_REPORT_ERROR MYSQLI_REPORT_STRICT);
$mysqli = new mysqli("example.com""user""password""database");

$result $mysqli->query("SELECT 1 AS _one, 'Hello' AS _two FROM DUAL");
var_dump($result->fetch_fields());

上の例の出力は以下となります。

array(2) {
  [0]=>
  object(stdClass)#3 (13) {
    ["name"]=>
    string(4) "_one"
    ["orgname"]=>
    string(0) ""
    ["table"]=>
    string(0) ""
    ["orgtable"]=>
    string(0) ""
    ["def"]=>
    string(0) ""
    ["db"]=>
    string(0) ""
    ["catalog"]=>
    string(3) "def"
    ["max_length"]=>
    int(1)
    ["length"]=>
    int(1)
    ["charsetnr"]=>
    int(63)
    ["flags"]=>
    int(32897)
    ["type"]=>
    int(8)
    ["decimals"]=>
    int(0)
  }
  [1]=>
  object(stdClass)#4 (13) {
    ["name"]=>
    string(4) "_two"
    ["orgname"]=>
    string(0) ""
    ["table"]=>
    string(0) ""
    ["orgtable"]=>
    string(0) ""
    ["def"]=>
    string(0) ""
    ["db"]=>
    string(0) ""
    ["catalog"]=>
    string(3) "def"
    ["max_length"]=>
    int(5)
    ["length"]=>
    int(5)
    ["charsetnr"]=>
    int(8)
    ["flags"]=>
    int(1)
    ["type"]=>
    int(253)
    ["decimals"]=>
    int(31)
  }
}

プリペアドステートメント

プリペアドステートメントを使って作られた結果セットのメタデータは、 アクセス方法も同じです。 mysqli_stmt::result_metadata() が、 適切な mysqli_result ハンドルを返してくれます。

例2 プリペアドステートメントのメタデータ

<?php

mysqli_report
(MYSQLI_REPORT_ERROR MYSQLI_REPORT_STRICT);
$mysqli = new mysqli("example.com""user""password""database");

$stmt $mysqli->prepare("SELECT 1 AS _one, 'Hello' AS _two FROM DUAL");
$stmt->execute();
$result $stmt->result_metadata();
var_dump($result->fetch_fields());

参照

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top