php[world] 2019 — 25 years of PHP

SNMP::setSecurity

(PHP 5 >= 5.4.0, PHP 7)

SNMP::setSecurityセキュリティ関連の SNMPv3 セッションパラメータを設定する

説明

public SNMP::setSecurity ( string $sec_level [, string $auth_protocol = [, string $auth_passphrase = [, string $priv_protocol = [, string $priv_passphrase = [, string $contextName = [, string $contextEngineID = ]]]]]] ) : bool

setSecurity は、 SNMP プロトコルバージョン 3 で使うセキュリティ関連のセッションパラメータを設定します。

パラメータ

sec_level

セキュリティレベル (noAuthNoPriv|authNoPriv|authPriv)。

auth_protocol

認証プロトコル (MD5 あるいは SHA)。

auth_passphrase

認証パスフレーズ。

priv_protocol

プライバシープロトコル (DES あるいは AES)。

priv_passphrase

プライバシーパスフレーズ。

contextName

コンテキスト名。

contextEngineID

コンテキスト EngineID。

返り値

成功した場合に TRUE を、失敗した場合に FALSE を返します。

例1 SNMP::setSecurity() の例

<?php
  $session 
= new SNMP(SNMP::VERSION_3$hostname$rwuser$timeout$retries);
  
$session->setSecurity('authPriv''MD5'$auth_pass'AES'$priv_pass'''aeeeff');
?>

参考

  • SNMP::__construct() - リモート SNMP エージェントへのセッションを表す SNMP インスタンスを作成する
add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top