LaravelConf Taiwan 2020 CFP Started

SoapClient::__soapCall

(PHP 5, PHP 7)

SoapClient::__soapCallSOAP 関数をコールする

説明

public SoapClient::__soapCall ( string $function_name , array $arguments [, array $options [, mixed $input_headers [, array &$output_headers ]]] ) : mixed

本メソッドは、SOAP コールを行う低レベル API 関数です。 通常、WSDL モードでは、SOAP 関数を SoapClient のメソッドとして簡単にコールすることができます。 本メソッドは、soapaction が不明な場合や、 uri がデフォルトと異なっていたり、 SOAP ヘッダを送受信したい場合に、非 WSDL モードを使用する際に有用です。

エラーの場合に SOAP 関数を呼び出すと、PHP の例外が発生するか、例外が無効な場合には SoapFault オブジェクトが返されます。 この関数コールが失敗したかどうかを調べるには、 SoapFault 例外をキャッチするか、is_soap_fault() の結果を調べてください。

パラメータ

function_name

コールしたい SOAP 関数の名前。

arguments

関数に渡す引数の配列。これは、数値添字配列あるいは連想配列のどちらの形式でもかまいません。 たいていの SOAP サーバーは、パラメータ名を指定しないといけないことに注意しましょう。 そんな場合は、連想配列でないといけません。

options

クライアントに渡すオプションの連想配列。

location はリモートウェブサービスの URL です。

uri は SOAP サービスのターゲット名前空間です。

soapaction はコールしたいアクションです。

input_headers

SOAP リクエストで送信するヘッダの配列。

output_headers

指定すると、この配列に SOAP レスポンスのヘッダが書き込まれます。

返り値

SOAP 関数は、一つまたは複数の値を返す可能性があります。 SOAP 関数によって返される値が 1 つだけの場合、__soapCall の返す値は単純な値 (例えば、整数型、文字列など) になります。 複数の値が返される場合、__soapCall は出力パラメータの名前を連想配列として返します。

エラーの場合は、SoapClient オブジェクトの作成時に exceptions オプションが FALSE となっていれば SoapFault オブジェクトを返します。

例1 SoapClient::__soapCall() の例

<?php

$client 
= new SoapClient("some.wsdl");
$client->SomeFunction($a$b$c);

$client->__soapCall("SomeFunction", array($a$b$c));
$client->__soapCall("SomeFunction", array($a$b$c), NULL,
                    new 
SoapHeader(), $output_headers);


$client = new SoapClient(null, array('location' => "http://localhost/soap.php",
                                     
'uri'      => "http://test-uri/"));
$client->SomeFunction($a$b$c);
$client->__soapCall("SomeFunction", array($a$b$c));
$client->__soapCall("SomeFunction", array($a$b$c),
                    array(
'soapaction' => 'some_action',
                          
'uri'        => 'some_uri'));
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top