PHP 8.1.15 Released!

DatePeriod::__construct

(PHP 5 >= 5.3.0, PHP 7, PHP 8)

DatePeriod::__construct新しい DatePeriod オブジェクトを作成する

説明

public DatePeriod::__construct(
    DateTimeInterface $start,
    DateInterval $interval,
    int $recurrences,
    int $options = 0
)
public DatePeriod::__construct(
    DateTimeInterface $start,
    DateInterval $interval,
    DateTimeInterface $end,
    int $options = 0
)
public DatePeriod::__construct(string $isostr, int $options = 0)

新しい DatePeriod オブジェクトを作成します。

DatePeriod オブジェクトは、 たくさんの DateTimeImmutableDateTime を生成するイテレータとして使えます。 パラメータ start, interval, end, および recurrences の数を指定できます。

返されるオブジェクトのクラスは、 start の祖先になるオブジェクトで、 DateTimeImmutableDateTime に等しくなります。

パラメータ

start

期間の開始日。デフォルトでは、 結果セットに含まれています。

interval

期間内での発生間隔。

recurrences

反復回数。 返される結果の数は、この値よりひとつ大きくなります。 なぜなら、デフォルトでは結果セットに開始日が含まれているからです。 0 より大きな値でなければいけません。

end

期間の終了日。 デフォルトでは、結果セットから除外されています。

isostr

» ISO 8601 repeating interval specification のサブセットを指定します。

PHP がサポートしていない、サブセットの機能の例を以下に示します:

  1. 0回の繰り返し (R0/)
  2. UTC 以外の時間のオフセット(Z)。 たとえば +02:00 のようなものです。
options

開始日と終了日に関する振る舞いを制御するビットフィールド

DatePeriod::EXCLUDE_START_DATE を指定すると、開始日を期間の結果セットから除外できます。

DatePeriod::INCLUDE_END_DATE を指定すると、終了日を期間の結果セットに含めることができます。

変更履歴

バージョン 説明
8.2.0 定数 DatePeriod::INCLUDE_END_DATE が追加されました。
7.2.19, 7.3.6, 7.4.0 recurrences は、0 より大きな値が必須になりました。

例1 DatePeriod の例

<?php
$start
= new DateTime('2012-07-01');
$interval = new DateInterval('P7D');
$end = new DateTime('2012-07-31');
$recurrences = 4;
$iso = 'R4/2012-07-01T00:00:00Z/P7D';

// これらはすべて同じ意味です
$period = new DatePeriod($start, $interval, $recurrences);
$period = new DatePeriod($start, $interval, $end);
$period = new DatePeriod($iso);

// DatePeriod の反復処理をすると、
// 期間内のすべての発生日が表示されます。
foreach ($period as $date) {
echo
$date->format('Y-m-d')."\n";
}
?>

上の例の出力は以下となります。

2012-07-01
2012-07-08
2012-07-15
2012-07-22
2012-07-29

例2 DatePeriod で DatePeriod::EXCLUDE_START_DATE を使う例

<?php
$start
= new DateTime('2012-07-01');
$interval = new DateInterval('P7D');
$end = new DateTime('2012-07-31');

$period = new DatePeriod($start, $interval, $end,
DatePeriod::EXCLUDE_START_DATE);

// DatePeriod の反復処理をすると、
// 期間内のすべての発生日が表示されます。
// ただし、今回の場合は 2012-07-01 が表示されません。
foreach ($period as $date) {
echo
$date->format('Y-m-d')."\n";
}
?>

上の例の出力は以下となります。

2012-07-08
2012-07-15
2012-07-22
2012-07-29

例3 一年間に含まれる、月の最後の木曜日を全て表示する、DatePeriod の例

<?php
$begin
= new DateTime('2021-12-31');
$end = new DateTime('2022-12-31 23:59:59');

$interval = DateInterval::createFromDateString('last thursday of next month');
$period = new DatePeriod($begin, $interval, $end, DatePeriod::EXCLUDE_START_DATE);

foreach (
$period as $dt) {
echo
$dt->format('l Y-m-d'), "\n";
}
?>

上の例の出力は以下となります。

Thursday 2022-01-27
Thursday 2022-02-24
Thursday 2022-03-31
Thursday 2022-04-28
Thursday 2022-05-26
Thursday 2022-06-30
Thursday 2022-07-28
Thursday 2022-08-25
Thursday 2022-09-29
Thursday 2022-10-27
Thursday 2022-11-24
Thursday 2022-12-29

注意

ISO 8601 のセクション 4.5 "Recurring time interval" に記載されている無限回数の繰り返しには対応していません。 つまり、isostr"R/..." を渡したり endnull を渡したりしても動作しません。

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top