DateTimeZone::getTransitions

timezone_transitions_get

(PHP 5 >= 5.2.0, PHP 7, PHP 8)

DateTimeZone::getTransitions -- timezone_transitions_getタイムゾーンの変遷を返す

説明

オブジェクト指向型

public DateTimeZone::getTransitions(int $timestampBegin = PHP_INT_MIN, int $timestampEnd = PHP_INT_MAX): array|false

手続き型

timezone_transitions_get(DateTimeZone $object, int $timestampBegin = PHP_INT_MIN, int $timestampEnd = PHP_INT_MAX): array|false

パラメータ

object

手続き型のみ: timezone_open() が返す DateTimeZone オブジェクト

timestampBegin

開始時のタイムスタンプ。

timestampEnd

終了時のタイムスタンプ。

戻り値

成功した場合にタイムゾーンの遷移を表す、数値インデックスの配列を返します。 失敗した場合に false を返します。 DateTimeZone オブジェクト の type 1 (UTC オフセット) と、type 2 (タイムゾーンの省略形) の場合は、 タイムゾーンの遷移情報は含まれません。 その場合にこのメソッドをコールしても false を返します。

timestampBegin を指定すると、 返される配列の最初のエントリに timestampBegin の時点における遷移の情報が含まれるようになります。

タイムゾーンの遷移を表す配列の構造
キー 説明
ts int Unixタイムスタンプ
time string DateTimeInterface::ISO8601_EXPANDED (PHP 8.2 以降) または、DateTimeInterface::ISO8601 (PHP 8.1 以前) 形式の文字列
offset int UTC からのオフセット(秒単位)
isdst bool 夏時間が有効かどうか
abbr string タイムゾーンの省略形

例1 timezone_transitions_get() の例

<?php
$timezone 
= new DateTimeZone("Europe/London");
$transitions $timezone->getTransitions();
print_r(array_slice($transitions03));
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Array
(
    [0] => Array
        (
            [ts] => -9223372036854775808
            [time] => -292277022657-01-27T08:29:52+0000
            [offset] => 3600
            [isdst] => 1
            [abbr] => BST
        )

    [1] => Array
        (
            [ts] => -1691964000
            [time] => 1916-05-21T02:00:00+0000
            [offset] => 3600
            [isdst] => 1
            [abbr] => BST
        )

    [2] => Array
        (
            [ts] => -1680472800
            [time] => 1916-10-01T02:00:00+0000
            [offset] => 0
            [isdst] => 
            [abbr] => GMT
        )

)

例2 timestampBegin を設定して timezone_transitions_get() を使う例

<?php
$timezone 
= new DateTimeZone("Europe/London");
$transitions $timezone->getTransitions(time());
print_r(array_slice($transitions03));
?>

上の例の出力は、 たとえば以下のようになります。

Array
(
    [0] => Array
        (
            [ts] => 1654184161
            [time] => 2022-06-02T15:36:01+0000
            [offset] => 3600
            [isdst] => 1
            [abbr] => BST
        )

    [1] => Array
        (
            [ts] => 1667091600
            [time] => 2022-10-30T01:00:00+0000
            [offset] => 0
            [isdst] => 
            [abbr] => GMT
        )

    [2] => Array
        (
            [ts] => 1679792400
            [time] => 2023-03-26T01:00:00+0000
            [offset] => 3600
            [isdst] => 1
            [abbr] => BST
        )

)

add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top