PHP Velho Oeste 2024

xml_set_external_entity_ref_handler

(PHP 4, PHP 5, PHP 7, PHP 8)

xml_set_external_entity_ref_handler外部エンティティリファレンスハンドラを設定する

説明

xml_set_external_entity_ref_handler(XMLParser $parser, callable $handler): true

XML パーサ parser の外部エンティティ参照用ハンドラ関数を設定します。

パラメータ

parser

XMLパーサ

handler

null や空文字列を渡すと、ハンドラはデフォルトの状態にリセットされます。

handlercallable の場合、その callable がハンドラとして設定されます。

handler が文字列の場合、xml_set_object() で設定されたオブジェクトのメソッド名になります。

handler のシグネチャは、以下でなければいけません:

handler(
    XMLParser $parser,
    string $open_entity_names,
    string|false $base,
    string $system_id,
    string|false $public_id
): bool
parser
ハンドラをコールするXMLパーサ
open_entity_names
エンティティの処理を行うためにオープンされたエンティティの 名前のスペース区切りのリストです (参照されるエンティティの名前を含みます)。
base
これは外部エンティティのシステム ID (systemid) のベースとして解決されます。
system_id
エンティティ宣言で指定されたシステム ID です。
public_id
エンティティ宣言で 指定されたパブリック ID または指定されない場合は空の 文字列です。パブリック ID の中の空白文字は、XML 仕様で規定された 正規化を行っています。

ハンドラは、エンティティを処理された場合、true を返す必要があります。 そうでない場合、false を返すべきです。 ハンドラから返された値が false の場合、XML パーサは処理を中断し、 xml_get_error_code()XML_ERROR_EXTERNAL_ENTITY_HANDLING を返します。

戻り値

常に true を返します。

変更履歴

バージョン 説明
8.0.0 引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、有効な xml resource が期待されていました。
7.3.0 拡張モジュールが libxml を使ってビルドされた場合には、コールバック handler の戻り値が無視されることはなくなりました。 このバージョン以前はコールバックの戻り値が無視され、パースが止まりませんでした。

変更履歴

バージョン 説明
7.3.0 拡張モジュールが libxml を使ってビルドされていた場合、 handler の戻り値は無視されることはなくなりました。 これより前のバージョンでは、戻り値が無視されていた上、パースが止まりませんでした。
add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top