PHPCon Poland 2024

xml_set_processing_instruction_handler

(PHP 4, PHP 5, PHP 7, PHP 8)

xml_set_processing_instruction_handler 処理命令 (PI) 用ハンドラを設定する

説明

xml_set_processing_instruction_handler(XMLParser $parser, callable $handler): true

XML パーサ parserの処理命令 (PI) 用ハンドラ関数を設定します。

処理命令のフォーマットは以下のとおりです:

<?target
data
?>

警告

PHP コードは、処理命令 <?php によって区切られます。 よって、XMLドキュメントに PHP コードを入れることが可能です。 しかし、PI 終了タグ (?>) をデータに含めてはいけません。 PI 終了タグ が埋め込まれたPHPコードの一部として存在していた場合、 残りの PHP コードは、"真の" PI 終了タグと同じく文字データとして処理されます。

パラメータ

parser

XMLパーサ

handler

null や空文字列を渡すと、ハンドラはデフォルトの状態にリセットされます。

handlercallable の場合、その callable がハンドラとして設定されます。

handler が文字列の場合、xml_set_object() で設定されたオブジェクトのメソッド名になります。

handler のシグネチャは、下記でなければいけません:

handler(XMLParser $parser, string $target, string $data): void
parser
ハンドラをコールするXMLパーサ
target
処理命令のターゲット
data
処理命令のデータ

戻り値

常に true を返します。

変更履歴

バージョン 説明
8.0.0 引数 parser は、 XMLParser インスタンスを期待するようになりました。 これより前のバージョンでは、有効な xml resource が期待されていました。
add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top