yaz_es

(PECL yaz >= 0.9.0)

yaz_es 拡張サービスのリクエストを準備する

説明

yaz_es ( resource $id , string $type , array $args ) : void

この関数は、拡張サービスのリクエストを準備します。 拡張サービスとは、レコードの更新や蔵書の注文、データベースの管理などの Z39.50 のさまざまな機能のことです。

注意:

Z39.50 サーバーの多くは、拡張サービスをサポートしていません。

yaz_es() は、拡張サービスリクエストのパッケージを作成し、 それを操作キューに配置します。リクエストをサーバーに送信するには yaz_wait() を使用します。 yaz_wait() の処理が完了すると、拡張サービス操作の結果が yaz_es_result() で取得できるようになります。

パラメータ

id

yaz_connect() が返す接続リソース。

type

拡張サービスの形式を表す文字列。 itemorder (蔵書の注文)、 create (データベースの作成)、 drop (データベースの削除)、 commit (操作のコミット)、 update (レコードの更新)、 xmlupdate (XMLの更新) のいずれかです。 個々の形式については、以下の節で指定されます。

args

拡張サービスのオプションに加えてパッケージ固有のオプションを指定する配列。 オプションの形式は、ZOOM C の C API で提供されているものと同じです。 ZOOM » Extended Services を参照ください。

返り値

値を返しません。

例1 レコードの更新

<?php
$con 
yaz_connect("myhost/database");
$args = array (
    
"record" => "<gils><title>some title</title></gils>",
    
"syntax" => "xml",
    
"action" => "specialUpdate"
);
yaz_es($con"update"$args);
yaz_wait();
$result yaz_es_result($id);
?>

参考

add a note add a note

User Contributed Notes 1 note

up
0
pol4free at yahoo dot com
5 years ago
$result=yaz_es_result($id)  is wrong for is example
$result=yaz_es_result($con)
To Top