yaz_record

(PHP 4 >= 4.0.1, PECL yaz >= 0.9.0)

yaz_recordレコードを返す

説明

yaz_record ( resource $id , int $pos , string $type ) : string

yaz_record() 関数は、現在の結果セットの pos で指定した位置にあるレコードを調べます。

パラメータ

id

yaz_connect() が返す接続リソース。

pos

レコードの位置。結果セット内の位置は 1, 2, ... $hits で表されます。 ここで、$hits は yaz_hits() が返す値です。

type

type は、返されるレコードの型を指定します。

注意:

Z39.50/SRW サーバーから適切な形式でレコードが返されたことを 確認するのは、アプリケーション側の役目です。このパラメータは 単にクライアント側(PHP/YAZ 内)での型変換についてのみ設定します。

レコードを文字列/配列に変換することに加え、PHP/YAZ はレコードの 文字セットを変換することも可能です。 特に USMARC/MARC21 の場合に文字セット変換が推奨されます。なぜなら これらは一般的に結果を MARC-8 文字セットで返しますが、ブラウザでは この文字セットがサポートされていないからです。変換を指定するには、 ; charset=from, to を追加します。 from はレコードの元の文字セットで、 to は結果の文字セット(PHP によって 表示されるもの)です。

string

レコードは、単純な形式の文字列で返されます。 このモードではすべての MARC レコードが ISO2709 の行単位 フォーマットに変換されますが、これは非常に読みにくいものです。 XML レコードおよび SUTRS は、本来のフォーマットのまま返されます。 GRS-1 は(醜い)行単位フォーマットで返されます。

このフォーマットが役に立つのは、結果を手っ取り早く表示したい場合 - デバッグ中など - の場合です。適切な形式で表示するのには適していません。

xml

レコードは、可能ならば XML 文字列として返されます。 このモードでは、すべての MARC レコードは » MARCXML に変換されます。 XML レコードおよび SUTRS は、本来のフォーマットのままで返されます。 GRS-1 はサポートしていません。

このフォーマットは string と似ていますが、 MARC レコードが MARCXML に変換される点が違います。

このフォーマットは、レコードが XML パーサや XSLT プロセッサに 渡される場合に役立ちます。

raw

レコードは、その本来のフォーマットのままで返されます。 MARC、XML および SUTRS で使用可能です。GRS-1 では動作しません。

MARC レコードは ISO2709 文字列として返されます。XML および SUTRS は文字列として返されます。

syntax

レコードの構文が文字列で返されます。たとえば USmarcGRS-1XML などです。

database

レコードの該当位置に関連するデータベースの名前を文字列で返します。

array

レコードは、GRS-1 の構造を反映した配列で返されます。 この型は MARC および GRS-1 で使用可能です。XML、SUTRS はサポートされておらず、実際のレコードが XML あるいは SUTRS であった場合は空文字列が返されます。

返される配列には、GRS-1 の各リーフ/内部ノードに対応するリストが 含まれます。個々のリスト内にもリストがあり、 最初の要素が path でその次が data です(もし data が存在する場合)。

path は、ルートから各リーフまでの(構造化された GRS-1 レコードの) ツリーコンポーネントの一覧を保持します。各コンポーネントはタグ型で、 タグの値は (type, value のような形式のペアとなります。

tags 文字列は、一般に type 3 の tag に対応します。 MARC は配列で返すことも可能です(内部で GRS-1 に変換されます)。

返り値

位置 pos のレコードを返します。もし指定した位置に レコードが存在しない場合は空文字列を返します。

もし指定した位置にデータベースのレコードが存在しない場合、 空文字列が返されます。

例1 GRS-1 レコードの配列

このような GRS-1 レコードを想定します。

(4,52)Robert M. Pirsig
(4,70)
      (4,90)
            (2,7)Transworld Publishers, ltd.
このレコードは、ルートに 2 つのノードを持っています。ルートレベルの 最初の要素は (4,52) [tag type 4, tag value 52] で、そのデータは Robert M. Pirsig です。ルートレベルの 2 番目の 要素 (4,70) はサブツリーを持っており、そこにはひとつの要素 (4,90) があります。(4,90) はまた別のサブツリー (2,7) を持っており、 そのデータは Transworld Publishers, ltd. です。

このレコードが $p の位置にあるとすると、

<?php

$ar 
yaz_record($id$p"array");
print_r($ar);

?>
この出力は以下のようになります。
Array
(
    [0] => Array
        (
            [0] => (4,52)
            [1] => Robert M. Pirsig
        )
    [1] => Array
        (
            [0] => (4,70)
        )
    [2] => Array
        (
            [0] => (4,70)(4,90)
        )
    [3] => Array
        (
            [0] => (4,70)(4,90)(2,7)
            [1] => Transworld Publishers, ltd.
        )
)      

例2 MARCXML の使用

この PHP コードは、MARC21/USMARC レコードを MARCXML として返します。 元のレコードは marc-8(ほとんどの XML パーサはこれを理解できません)なので、 これを UTF-8(すべての XML パーサはこれを理解できなければなりません) に変換します。

<?php
$rec 
yaz_record($id$p"xml; charset=marc-8,utf-8");
?>

レコード $rec は Sablotron XSLT を使用して 以下のように処理可能です。

<?php

$xslfile 
'display.xsl';
$processor xslt_create();
$parms = array('/_xml' => $rec);
$res xslt_process($processor'arg:/_xml'$xslfileNULL$parms);
xslt_free($processor);
$res preg_replace("'</?html[^>]*>'"''$res);
echo 
$res;

?>

PHP 5 では、Sablotron XSLT ではなく XSL 拡張モジュールが使用される必要があります。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top