yaz_set_option

(PECL yaz >= 0.9.0)

yaz_set_option接続に関するひとつあるいは複数のオプションを設定する

説明

yaz_set_option ( resource $id , string $name , string $value ) : void
yaz_set_option ( resource $id , array $options ) : void

指定した接続について、ひとつあるいは複数のオプションを設定します。

パラメータ

id

yaz_connect() が返す接続リソース。

name あるいは options

文字列あるいは配列です。

文字列を指定すると、指定するオプションの名前として扱われます。 その value を指定する必要があります。

配列を指定すると、連想配列(オプション名 -> オプションの値)として 扱われます。

PHP/YAZ 接続オプション
名前 説明
implementationName サーバーの実装名。
implementationVersion サーバーの実装バージョン。
implementationId サーバーの実装 ID 。
schema 取得するスキーマ。デフォルトではスキーマを使用しません。 このオプションを設定することは、yaz_schema() を使用することと等価です。
preferredRecordSyntax 取得するレコードの構文。 デフォルトでは構文を 使用しません。このオプションを設定することは、 yaz_syntax() を使用することと等価です。
start yaz_search() あるいは yaz_present() で取得する最初のレコードのオフセット。最初のレコードの 番号は 0 で、2 番目のレコードは 1 です。 このオプションを count とともに設定する ことは、yaz_range() をコールすることと 同じですが、yaz_range() ではレコードの 番号が 1 から始まる点が違います。
count yaz_search() あるいは yaz_present() で取得するレコードの最大数。
elementSetName 取得するエレメントセットの名前。このオプションを設定することは、 yaz_element() を使用することと等価です。
value

オプションの新しい値。変更前の値が文字列である場合にのみ これを使用します。

返り値

値を返しません。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top