yaz_scan

(PHP 4 >= 4.0.5, PECL yaz >= 0.9.0)

yaz_scanスキャンの準備をする

説明

yaz_scan ( resource $id , string $type , string $startterm [, array $flags ] ) : void

この関数は、指定した接続上で Z39.50 スキャンリクエストの 準備をします。

実際にスキャンリクエストをサーバーへ送信して応答を受信するには、 yaz_wait() をコールする必要があります。 yaz_wait() のコールが完了した後、応答を処理するために yaz_error() および yaz_scan_result() をコールします。

パラメータ

id

yaz_connect() が返す接続リソース。

type

現時点では rpn 型のみがサポートされています。

startterm

スキャンを開始する項目の位置。

開始項目の形式は、パラメータ type で与えられます。

このパラメータの構文は、 yaz_search() で説明した RPN クエリに似ています。 startterm は、ゼロ以上の @attr 演算子の後に トークンがひとつだけ続く形式となります。

flags

オプションのパラメータで、スキャンリクエストの動作を制御する 追加情報を指定します。現在、次の3つの添字が flags 配列から 読み込まれます。 number(リクエストされた語の数)、 position(要求された語の位置)、 stepSize(要求されたステップ数)

返り値

値を返しません。

例1 タイトルをスキャンする PHP 関数

<?php
function scan_titles($id$startterm
{
  
yaz_scan($id"rpn""@attr 1=4 " $startterm);
  
yaz_wait();
  
$errno yaz_errno($id);
  if (
$errno == 0) {
    
$ar yaz_scan_result($id$options);
    echo 
'Scan ok; ';
    foreach (
$options as $key => $val) {
      echo 
"$key = $val &nbsp;";
    }
    echo 
'<br /><table>';
    while (list(
$key, list($k$term$tcount)) = each($ar)) {
      if (empty(
$k)) continue;
      echo 
"<tr><td>$term</td><td>$tcount</td></tr>";
    }
    echo 
'</table>';
  } else {
    echo 
"Scan failed. Error: " yaz_error($id) . "<br />";
  }
}
?>

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top